プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田村淳「どうやって全国的に維新の支持者を作るのか」 『報道ランナー』年末SPで吉村大阪府知事に迫る

『報道ランナー 年末総力取材SP 2021あのニュースのウラガワ』に出演する田村淳の画像

『報道ランナー 年末総力取材SP 2021あのニュースのウラガワ』に出演する田村淳

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、27日放送のカンテレ『報道ランナー 年末総力取材SP 2021あのニュースのウラガワ』(後3:45~7:00 ※関西ローカル)に出演。ゲストコメンテーターとして、特別ゲストの吉村洋文・大阪府知事に迫る。

【写真】コロナ対策や選挙など多忙の1年を駆け抜けた吉村洋文知事

 今年の衆院選で大躍進した日本維新の会の副代表でもある吉村知事。その印象について、田村は「自分たちの理想となぜそれが実現できないかという理由の両方を言ってくれるから、分かりやすい政党だなと思います」と語り、「政党が大きくなっていく中で、どうやって全国的に維新の支持者を作るのか、どういうビジョンを掲げているのか気になります」と質問する構え。

 情報番組『報道ランナー』(月~金 後4:45)の年末スペシャルで、2021年の日本と関西のあらゆるニュースの裏側を徹底取材。「菅前首相に聞く激動の2021 年決断のウラガワ」では、メインキャスターの新実彰平アナウンサーが菅義偉前首相を直撃し、“後手のコロナ対策”と批判された難局の背景や、在任中の生活について、今だから言えるエピソードが飛び出す。

 菅前総理は、北朝鮮のミサイル発射などの事件発生から10分も経たずに官邸に入る姿を報じられることも多かったが、何がいつ起きても即座に対応できるように待ち構えていたのかと聞くと、「就寝ベッドのすぐ脇に電話は3台置いていましたね」と当時の様子を振り返る。このほか、今年印象に残った“あのニュースのその後”を総力取材する「関西衝撃ニュースのウラガワ」も届ける。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ