プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

タモリ、8年ぶり『徹子の部屋』に登場 1年を締めくくる 徹子が感激「とても面白く懐かしかった!」

『徹子の部屋』にタモリが登場 (C)テレビ朝日の画像

『徹子の部屋』にタモリが登場 (C)テレビ朝日

 テレビ朝日系『徹子の部屋』(後1:00~1:30)の2021年のラスト放送(28日)にタモリが出演することが発表された。1977年から2013年まで、1年をしめくくる最後のゲストとして毎年、登場してきたタモリが8年ぶりに『徹子の部屋』に帰ってくる。

【写真】江戸の模型を真剣に見つめるタモリ

 「今年最後のお客さまは、8年ぶりご出演のタモリさんでいらっしゃいます」と、声を弾ませる黒柳に迎えられたタモリ。今年は『ミュージックステーション』が同一司会者による生放送音楽番組の最長放送としてギネス世界記録に認定されるなど活躍ぶりを見せたが、黒柳から番組を長く続ける秘訣を聞かれると、意外な座右の銘を明かす。

 そして、タモリと黒柳の出会いもさかのぼる。2人の間をつないだのは、タモリが慕っていた漫画家の故・赤塚不二夫さん。タモリが赤塚さんの誘いで1975年8月、テレビ初出演(『マンガ大行進赤塚不二夫ショー』/NETテレビ)したとき、その生放送を見ていた黒柳が「今日、出ていた人すごかった! あれは誰?」と赤塚さんに電話をかけたことが、知り合うきっかけだったという。

タモリは「今でも覚えています。あのとき、電話のすぐ横にいたんです。赤塚さんから『黒柳さんがお前のこと見て、面白いから番組に出てほしいって言ってるよ』ってその場で言われたんですよね」と打ち明け、2人で思い出を語り合う。そこから2人の縁ははじまり、1977年8月、黒柳のリクエストによってまだ無名だったタモリが『徹子の部屋』初出演。今回は貴重な写真と音声テープで初出演時のトークを公開する。2人が『徹子の部屋』で初めて交わした会話とは。タモリが「すごい人だった」と評する、赤塚さんの思い出も振り返る。

 今回は、謎に満ちたタモリの私生活についてのトークも展開。タモリの趣味は、別人格になりきってタクシーの運転手とやりとりを楽しむ“なりすまし”。たまたま運転手に医師と間違えられた経験からはじめた趣味で、以来、タクシーに乗るときはさまざまな職業の人物を演じているそう。これまでタモリがなりすましてきた、仰天の職業とは。その奇妙な趣味のためにはじめたルーティーンとは。

 最後は2022年、喜寿を迎える心境も語る。黒柳はタモリのトークに「面白い!」を連発し、終始爆笑。久々の年末トーク復活を喜んでいた。

■黒柳徹子コメント
 久しぶりのタモリさんのご出演で、タモリさんが飼っていた猫のパトラちゃんや、世の中にタモリさんを紹介した赤塚不二夫さんのお話、奥様との海外旅行のお話など、タモリさんにしかできない受け答えのひとつひとつが、とても面白く、懐かしかった! タモリさんは、何をお話しになっても面白い方です!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ