プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

錦鯉・長谷川、憧れの松本人志を前に感極まる 松本も最大級の称賛「完全に愛すべきキャラになった」

錦鯉(左から)長谷川雅紀、渡辺隆 (C)ORICON NewS inc.の画像

錦鯉(左から)長谷川雅紀、渡辺隆 (C)ORICON NewS inc.

 今年の『M-1グランプリ』で優勝したお笑いコンビ・錦鯉が、26日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)にゲスト出演。ボケの長谷川雅紀(50)は、憧れのダウンタウン・松本人志(58)を前に感極まる一幕があった。

【動画】M-1優勝後の心境を明かす錦鯉 超多忙でロンブー淳が心配

 史上最年長での優勝を果たした錦鯉に、この日のスタジオメンバーからは口々に「感動した」「もらい泣きした」と称賛のコメント。そんななか、松本も「僕やっぱり見てて、みんな50(歳)にこだわるんですけど、普通に見てても青春してたよね、なんか、すごいなと思って」と感銘を受けた様子。「(最終ラウンドの)3組が、オズワルドとインディアンスが少し薄雲がかかった感じで終わっちゃったところを、なんか錦鯉がバカが燦燦(さんさん)と降り注いでたなって感じがして、なんかすごく良かったです」と振り返った。

 また、長谷川が「魂は年をとらない」という松本の言葉を大切にしてきたことをMCの東野幸治からふられると、長谷川は「はい…」と言って思わず涙。これに松本は「俺あんまりテレビで泣きたくないけど、ここは俺も一緒に泣いてもええかなって思ったのに、なにそれ、ぽろんて」と照れ混じりにツッコミを入れていた。

 さらに松本は「でも、実はもう去年から僕の中ではちょっとネタ振りがあって。昨年、僕は厳しめの点数付けたんですけど、あ、もう来年出たらこれ多分(優勝)いっちゃう可能性あるなって。今回決勝に残ってるって聞いたんで、あ、これ錦鯉来るなって本当はちょっと思ってたんですよね」と裏話も。「より分かりやすくなって、もうなんか愛すべきキャラに完全にもうなっちゃってるからね、(スタジオで披露した)今の漫才もずっと見てられる感じがするな」と手放しで絶賛していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ