プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

純烈が中高年の“デジタル化”に一役?「覚えてしまえばすごく一途」「老眼が進まないかだけ心配」

この年末も大忙しの純烈の画像

この年末も大忙しの純烈

 4度目の出場となる『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)や『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)など、年末を忙しく過ごす純烈。スーパー銭湯アイドルとして、ファンとの密なコミュニケーションをすることで知られてきた彼らだが、コロナ禍においてはそこにも変化が起こっていた。試行錯誤をする中で、純烈が見つけた新たな“動き方”、そしてファンの間で起こっているある変化とは? 純烈が日本の中高年のデジタル化を促進する…かもしれない。

【写真】「いいカップル!」幸せ溢れる…!LiLiCo&小田井のスウェーデン挙式

■動けなかった2020年、今年は地方自治体とともに「おじいちゃん、おばあちゃんの娯楽を」

──純烈といえばお客さんとのコミュニケーションが持ち味ですが、近年のコロナ禍で活動に変化はありましたか?

【酒井一圭】2020年は客席に降りていくことができなくなり、3月からはステージも中止。11月に一度、配信ライブができただけでした。でも2021年は、なんとかたくさんのステージをやってこれたんです。地方自治体の方々も、「どうやって地元のおじいちゃん、おばあちゃんの娯楽を生み出せるか?」を考えてくださって、入念な感染対策をとった上で、純烈を呼んでくださいました。

 なかなか動けない時期にも、活動を再開するときのためにいろいろと準備をしてきました。だからこそ、世の中が動き始めて早々に明治座で初主演舞台ができたり、主演映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』を公開できたりしたんだと思います。おかげですごく充実した1年でしたね。

──コロナ中に準備してきたものが、実を結んだ1年でもあったわけですね。

【酒井一圭】そうですね。また、グループで動くこと自体が密になるので、テレビなどではあえてメンバーの“バラ売り”をして。後上が『アタック25』の芸能人大会で優勝したり、白川は釣り番組が始まったり、小田井は『王様のブランチ』でリモート出演するLiLiCoさんと一緒に映ったり(笑)。その結果、「純烈って楽しい人たちだな」と思っていただけたみたいで、お笑い芸人さんたちがネタで使ってくれるようにもなりました。ステージを見に来てくれる方の中にも、若い人たちが増えたんですよね。

──とはいえ、ファンとの密な接触は難しかった1年、試行錯誤したことも多かったと思います。代わりに、SNSを活用した“ふれあい方”や、LINEオープンチャットでは『純烈部屋』も開設しました。始めてみていかがでしたか?

【後上翔太】最初はどんなふうにやればいいのかわからなかったんですが、「純烈のグループLINEをファンの方が覗くイメージ」とアドバイスされて。じゃあ、もう普段の自分の感じでいいや!と思って。僕はほぼスタンプばっかり、誰かの投稿に対して「wwww」ばっかりになってるという(笑)。そういう自然な僕らのやりとりを覗き見る感じが、見る人にハマってくれたら嬉しいなと思います。3700人以上いる参加者の中で(12月23日現在)、選ばれた6人の方だけが発言権を持っているんですが、発言できない人たちもコメント欄でワイワイしていて。すごく楽しいなと思います。

【小田井涼平】純烈のファンの人たちもLINEをやるようになったんだと思うと、非常に感慨深いですね(笑)。ここではファンの方への質問募集もしやすいので、これから何かに生かすこともできると思うんですよ。正直、純烈にはファンクラブの公式サイトもあるし、Twitterもあるし、どう差別化すればいいのか最初はわからなかったんです。でも今は中身が見えてきて、アイデアによっていろんな使い方ができると思っていて。Twitterのように公にならないぶん、ファン方の本音が聞けるのはいいなと思います。

【白川裕二郎】僕は…そういうのはあまり見ないんですよねぇ。僕がやらなくても、メンバーのみんながやってくれるじゃないですか(笑)。というか、ついていけてないんです…。

【酒井一圭】彼は超アナログなので!(笑)。

■覚えたら一途な中高年層、「熱意がデジタル化して、さらに活性化するんでしょうね!」

──しかしファンのみなさん、中高年とは思えない対応力を見せていますね。

【酒井一圭】本当にすごいですよね。純烈ファン世代の方々は、最初は新しいものになかなか手を出さないんですが、覚えてしまうとすごく一途なんだと思うんです。先日、純烈スタンプを発表したんですが、おそらくみなさん誰彼関係なく送り倒してるはずなんです(笑)。僕の母は60代後半なんですけど、「LINEスタンプなんて発売するから、こんな状況になってる!」と妹からクレームが来て。母が妹に、俺のスタンプを送りまくっているスクショが送られてきたときに、これが全国で行われているんだろうなぁ…と思いました(笑)。体調を心配する息子に、純烈スタンプの「元気です!」を連続で送るような…(笑)。

【後上翔太】元気すぎる!(笑)。

【小田井涼平】みなさんマメだから、ファンレターも山ほど届くんです。それがデジタルになったら、もっと簡単に送れるわけでしょ? コメントを書くのもラクだし。

【後上翔太】だいぶ分厚いお手紙をくれる方もいて、すごいなぁ!っていつも思います。

【酒井一圭】その熱意がデジタル化して、さらに活性化するんでしょうね!

【小田井涼平】でもあれをスマホの画面でやるわけでしょ? 老眼が進まないかなぁ、と心配で。

【後上翔太】フリック打ちなのかどうかも知りたいですね(笑)。

──では純烈にとって2021年は、どんな1年だったと言えますか?

【酒井一圭】いろんな工夫をしながら、映画や舞台など、普段以上にチャレンジした年でした。非常時、みんながフリーズしていたときに勝負をかけ、むしろスピードを上げられた気がします。それができたのは、2011年、東日本大震災のときの経験があるからなんですよね。当時僕らは止まってしまったけれど、なんとか動こうと奮闘した人たちがいるから、エンタメ界は続くことができた。それを見てきたから、「みんなが止まったとしても、とにかく動かなきゃダメだ」と思えた。「誰かのためになれるのなら、動こう」、そんな気持ちでやってきた1年でした。

【小田井涼平】映画や舞台という、コロナ禍を経なければ実現しなかったかもしれないことができたのは、“災い転じて福となす”だと思います。それに、やっぱり良かったと思うのは、僕ら4人含め、関係者やスタッフ、誰一人として感染しなかったこと。自分たちで対策はもちろんしっかりやってきましたが、運も良かったなと思いますね。

【白川裕二郎】どんだけ人と関わってなかったのかね、俺ら(笑)。

――何よりですね(笑)。そんな1年の締めくくりはどんなものに?

【酒井一圭】『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)、『年忘れニッポンの歌』(テレビ東京)、そして『NHK紅白歌合戦』と、歌番組にたくさん出演させていただきます。コロナ禍だったこの2年、それでも応援していただいた感謝を込めて、純烈らしく元気いっぱいに歌わせていただくので、ぜひ見ていただきたいです!

──では、純烈の2022年はどんな年にしたいですか?

【酒井一圭】純烈はいつか、日本のどこかの武道館で(笑)、ライブをやりたいという夢があるんです。2022年はそのためのステップアップになるような年にしたいですね。

【白川裕二郎】いろいろなチャレンジをさせていただいて、充実した1年でした。来年も、メンバーはもちろん、ファンのみなさんも怪我なく体に気を付けて、素敵なステージを目指していきたいなと思います。

【後上翔太】すでに来年も、いろいろなところを旅しながらステージに立つ予定が入ってきているんです。日めくりカレンダーのように1日1日を積み重ねて、毎日100点は無理でも、合格点をとりながら過ごしていきたいですね。

【小田井涼平】コロナで、どうしても断念せざるを得なかった場所でのコンサートがたくさんあったので。2022年はそういった“落とし物”をきちんと拾いに行ける1年にしたいと思います!

(文:川上きくえ)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ