プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「互いに負けたら大きなものを失う戦い」リスク背負いリベンジに挑む朝倉未来の決意 急拡大する影響力への葛藤も

『RIZIN.33』で斎藤裕と対戦する朝倉未来 (C)ORICON NewS inc.の画像

『RIZIN.33』で斎藤裕と対戦する朝倉未来 (C)ORICON NewS inc.

 大みそかにフジテレビで放送される格闘技『RIZIN.33』に、いま日本の格闘技界で最も注目を集めるファイター・朝倉未来(29)が参戦する。対戦相手は、去年11月に初代RIZINフェザー級ベルトを賭けて戦い、判定で敗れた斎藤裕(34)。自ら望んだリベンジマッチに挑む朝倉に、試合に向けて意気込みや大みそかに戦う意義、さらには急拡大する自身の影響力とYouTubeなど、ORICON NEWS独占で話を聞くことができた。大一番を控え、時代のカリスマは何を語るのか。

【インタビュー動画】大みそかリベンジ戦への心境を告白する朝倉未来

■今年の大みそか参戦は「すごく悩んだんですけど、俺が出ないといけない」

――試合が直前に迫ってきましたが、現在の心境は?

【未来】試合の前はいつもワクワクしますし、特に今回は自分が希望した斎藤裕選手との試合なので、早く戦いたいです。

――怪我の状況はいかがでしょうか?

【未来】もう治ってるんで問題ないです。記者会見(12月9日)の次の週くらいからスパーリングをやっていたし、ランニングもできるようになって心肺機能はめっちゃ向上している気がします。

――昨年は11月に斎藤戦、今年も10月に「RIZIN LANDMARK」での萩原京平戦と11月にABEMAの企画もあり、毎年過酷な条件での大みそか参戦となります。

【未来】今年は参戦するかすごく悩んだんですけど、RIZINは地上波のフジテレビで放送されるときに評価されると思っていて、そこは僕が出ないといけないなと。一番の理由は責任感ですね。

――大みそかの格闘技は日本の風物詩ともなっていますが、未来さんも小さい頃にテレビでご覧になっていたのでしょうか?

【未来】そうですね、小学校から空手とかやっていたので大みそかは家族で見ていました。魔裟斗さんと山本KIDさんの試合(2004年『Dynamite!!』)は、今でも強烈に印象が残っています。

――そんなテレビで見ていた魔裟斗さんと、今はYouTubeでコラボされています。

【未来】人生は何があるかわからないですね(笑)。純粋にファンとして楽しんでいて、自分が大みそかのリングで戦うなんて想像もしていなかったのに、今年で4年も連続で出ることになりましたから。

――これまでに大みそかでは3年連続で勝利しています。

【未来】注目度が高ければ高いほど勝つ、自分は“ここ一番”が強いと思うので、今回も自信があります。

――斎藤選手とともに出席した記者会見では、お互いへのリスペクトやライバル心も感じられました。

【未来】認めないといけないですからね。実力はお互いにあると思っていますし。ただ、今回は僕が超えていきますので、ライバルとは思っていないです。

――斎藤選手は10月の試合でRIZINフェザー級王者のベルトを失い、今回はタイトルマッチになりませんが、モチベーションに影響する?

【未来】まったく関係ないです。僕はベルトを欲しいわけじゃなく、斎藤選手を倒したいだけなので。

――今回勝利した場合、クレベル選手へのリベンジを目指すのか、ベルトを狙うのか?

【未来】クレベル選手とRIZINの契約がどうなっているのかわからないのですが、ベルトよりもクレベル選手ともう一度やりたいですね。そのためにも今回は必勝です。

――今回の試合で「ここを見てくれ」というポイントは?

【未来】RIZINのトップ選手2人が常人とはかけ離れた身体能力を使った戦いをするので、試合の攻防はもちろんなんですけど、リングの上の試合展開だけではなく、そこに至る人間のドラマを見てほしいなと思います。僕にとっても斎藤選手にとっても、『カイジ』のように“負けたら終わり”のような、大きなものを失う戦いになるので。

■影響力の急拡大に葛藤も… 「これからは言いたいことを何でも言ってやろうかなと」

――注目の集まる試合は力が出るとおっしゃっていましたが、テレビの視聴率も意識しますか?

【未来】視聴率は取りたいです。自分の知名度が毎年上がってきてるし、今年は僕が一番取れるんじゃないですかね。自分の試合で過去最高の数字にも行きたいです。

――話題になっているYouTubeは、開始から2年半で総登録者数が250万人を超えました。このペースが予想通り?予想以上?

【未来】始める前はこのスピード感は想定していなかったですけど、始めてからは想定内の伸び方だと思っています。

――まだ伸びしろも感じている?

【未来】どうですかね……。難しいですよ、YouTubeは。最近すごい感じているので、いろいろやりながら研究しています。

――知名度も急上昇したことで、やりにくさも感じている?

【未来】自分にすごい影響力がついてきて、最近は昔の僕と変わってきているなと感じることもあって。言っていいことと悪いことを選ばないといけないとか、そういう葛藤がありました。でも、最近はそういうのも「まぁいいか」って思うようになって。正直に話すのが本来の自分だったので、これからは言いたいことをまたバンバン何でも言ってやろうかなと思います(笑)。

――2022年にやってみたいことは?

【未来】100億円を超える事業を生み出したいですね。会社を8個くらいやっていて、いろいろことを進めているので、そのどれかが当たればいいかなと。表に出していない話もあるので、急に話題になる会社が出たと思ったら、僕が携わっていたということもあり得ると思いますよ。もちろん、格闘技が自分にとっていちばん大事なので、来年も強さを見せていきます。

――最後に、ORICON NEWS読者へメッセージをお願いします!

【未来】きょう初めて僕を知ってもらった方もいると思うんですけど、大みそか絶対に勝ちますので、よかったら応援してください!

◆朝倉未来(あさくら・みくる)
1992年7月15日生まれ。愛知県出身。
喧嘩と空手と相撲をバックボーンに持ち、2012年に総合格闘技デビュー。13年から弟の朝倉海と共にTHE OUTSIDERへ参戦し、史上初の二階級制覇を果たす。18年8月からRIZINに参戦し7連勝を飾るも、20年11月に斎藤裕とのタイトルマッチで敗戦。翌月の大みそかに弥益ドミネーター聡志を1Rにマットに沈めた。21年6月にクレベル・コイケに一本負けするも、10月に萩原京平を下し、4年連続となる大みそかへ挑む。

◆『RIZIN』はフジテレビ系で12月31日午後6時から放送(事前番組あり、詳細はサイトにて)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ