プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

井上公造氏、あらためて芸能リポーター卒業を明言 その後は「もう1回ハワイブームを作る」

井上公造氏(C)ORICON NewS inc.の画像

井上公造氏(C)ORICON NewS inc.

 芸能リポーターの井上公造氏(64)が、25日放送の読売テレビ『今田耕司のネタバレMTG(ミーティング)』(毎週土曜 前11:55 ※関西ローカル)に出演。今月16日に自身のYouTubeチャンネルで芸能リポーターを卒業すると報告したことに触れ、あらためて「事実上の芸能リポーター卒業」を明言した。

【動画】“芸能リポーター”を卒業することを明かした井上公造氏

 来年4月以降のレギュラー番組について「基本的には出る気はない」とし、状況によって「しゃべることはあるかもしれない」と含みを持たせながらも、「基本的に裏方の仕事をします」ときっぱり。

 月亭八光から「(卒業後)どうするんですか?」と問われ、自身の事務所には長谷川まさ子氏や駒井千佳子氏ら信頼できる芸能レポーターがいるとし、自身については「ハワイが大好きなんで。今、ハワイが落ち込んでいるので、もう1回ハワイブームを作る仕掛けをできたら」とプランを明かした。

 井上氏は今月16日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、「芸能リポーターとして30数年やってきたんですけども、来年の3月末日をもって、今やらせていただいている東京、大阪、名古屋、福岡のレギュラー番組を全て卒業させていただきます」と発表。来春でレギュラー9番組をすべて降板すると報告していた。

 その理由として「体調の問題」を挙げ、約7年前から自律神経のバランスを崩していたことを告白。生放送にめまいがしたり、最近もろれつが回らなくなったこともあったとし、「ちょっと体を休めたいなというのが一番の理由なんですよね」と明かしていた。

 井上氏は、大学卒業後、フリーライター、竹書房編集長、サンケイ新聞社サンケイスポーツ文化社会部記者を経て、1986年、オフィス梨元に入社し芸能リポーターとして、テレビ朝日『モーニングショー』などにレギュラー出演を果たした。 正月休暇をハワイで過ごす芸能人の現地リポートはワイドショーで親しまれた。

 フリーとなった後は、1998年、有限会社メディアボックス(現在は、株式会社KOZOクリエイターズ)を設立。これまで数えきれないほどの芸能界の様子を直撃リポートし伝えてきた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ