プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

藤原竜也×松山ケンイチ×神木隆之介、映画『ノイズ』緊迫の1カット撮影を振り返る

映画『ノイズ』(2022年1月28日公開)場面写真(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会 の画像

映画『ノイズ』(2022年1月28日公開)場面写真(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会 

 俳優の藤原竜也と松山ケンイチがダブル主演するサスペンス映画『ノイズ』(2022年1月28日公開)より、“親友3人が殺人を犯してしまう”という物語が大きく動き始める超重要なシーンの本編映像が解禁となった。本編映像の前後には、親友3人を演じた、藤原、松山、神木隆之介の特別コメントも収録されている。

【動画】映画『ノイズ』コメント+本編映像

 本作は、一人の凶悪犯が持ち込んだ“1つのノイズ”が平和な島を飲み込み、島中の人間を巻き込んでいくことで、狂気の暴走が止まらなくなる、“死体がバレたら終わり”の新感覚サスペンス。

 原作は「予告犯」「マンホール」やフランスでACBC賞、国内では文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している「有害都市」などを手がけ、日本のみならずヨーロッパでも絶大な人気を誇る鬼才・筒井哲也が2017年から2020年まで「グランドジャンプ」(集英社)で連載し、<鬼気迫る緊張感、衝撃のサスペンス!>と絶賛された同名漫画(全3巻)。

 物語の舞台となる、猪狩島・復興の期待を一身に背負いながらも、島を訪れた元受刑者のサイコキラーを殺してしまった泉圭太(いずみ・けいた)役を藤原。圭太の殺人を隠ぺいすべく死体隠しに協力する幼なじみの田辺純(たなべ・じゅん)役を松山。圭太と純の幼なじみであり、幼い頃からの夢だった故郷の猪狩島にある駐在所での勤務が決まったばかりの新米警察官の守屋真一郎(もりや・しんいちろう)役を神木がそれぞれ演じる。

 解禁された本編映像は、服役していた凶悪犯の小御坂睦雄(渡辺大知)が、主人公・圭太たちが暮らす猪狩島に降り立つ。圭太と彼のなじみの猟師・純、新米警察官の真一郎の3人は小御坂の不審な言動に違和感を覚え追い詰めていくが、圭太の娘の失踪を機に、誤って小御坂を殺してしまう。平和な日常は終わりを告げて、悪意のノイズが島中に伝播、彼らは死体隠しに奔走することになるが…。

 藤原・松山・神木の3人のコメント部分では、凶悪犯・小御坂を演じた渡辺との撮影現場での過酷なエピソードを振り返っており、1カットでの緊迫のシーンの誕生の裏話を存分に聞くことができる。そして、本編内の小御坂のせりふがあまりにも過激なため、今回の解禁映像ではピー音が入れられた。凶悪犯・小御坂の狂気に満ちた姿の全貌は劇場で。

 本作のメガホンを取った廣木監督は、緊迫感・緊張感を表現するために1カット&長回しが多いことでも知られる。今回はソニーのVENICEという最新型のカメラを使用。レンズを含め非常にナマっぽい画が撮れるというこのカメラで、親友3人が小御坂を殺害してしまうシーンを撮影した。本編ではこの廣木流の長回しカットが効果的に多用されているが、それは日本を代表する役者たちの確かな演技があればこそ。引きの画で表情ははっきりと読み取れなくてもキャラクターの感情が濃厚に伝わってくる。

 彼らは無事死体を隠し通すことができるのか、そして次々と増える第2、第3の死体とは? たった一滴のノイズが、平和だった島の日常に崩壊の連鎖を巻き起こす。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ