プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

阿部サダヲ&岡田健史、映画『死刑にいたる病』ティザービジュアル

映画『死刑にいたる病』(2022年5月公開)ティザービジュアル(C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会の画像

映画『死刑にいたる病』(2022年5月公開)ティザービジュアル(C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

 俳優の阿部サダヲと岡田健史がダブル主演を務める、映画『死刑にいたる病』(2022年5月公開)のティザービジュアルが解禁となった。

【写真】映画『死刑にいたる病』で白石組に初参加する中山美穂

 本作は、理想とは程遠いランクの大学に通い、鬱屈した日々を送る雅也(岡田)の元にある日届いた1通の手紙から始まる、驚愕のサイコサスペンス。その手紙は世間を震撼させた稀代の連続殺人事件の犯人・榛村(阿部)からのものだった。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうちの9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行を行っていた当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。

 「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」。榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始める。そこには想像を超える残酷な事件の真相があった――。

 二分割されたデザインの上部には、虚ろな表情を浮かべながら法廷に立つ阿部サダヲ演じる連続殺人鬼・榛村の姿。下部には、榛村の冤罪証明に挑む岡田健史演じる雅也が写っている。その背後には残酷さを象徴するかのように榛村に狙われた少年少女たちの写真が張り出された衝撃的なビジュアルとなっている。

 「連続殺人鬼からの依頼は、たった1件の冤罪証明だった―」と書かれたキャッチコピーと、2人が見つめるその眼差しの先にどのような結末が待ち受けているのか…。過去や周囲を調査するほど謎が深まる榛村に、雅也とともに観客も翻弄されていく。作家・櫛木理宇の最高傑作の映画化に期待が高まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ