プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

笑福亭たま、上方の中堅落語家を表彰『第16回繁昌亭大賞』受賞 ネット配信で一大イベントプロデュース

『第16回繁昌亭大賞』を受賞した笑福亭たま (C)ORICON NewS inc.の画像

『第16回繁昌亭大賞』を受賞した笑福亭たま (C)ORICON NewS inc.

 上方落語協会は23日、入門25年以下の落語家を対象にした『第16回繁昌亭大賞』を発表。コロナ禍での落語家の活躍の場としてインターネット配信などに尽力した、笑福亭たま(46)が受賞した。同日、大阪市内の同協会で行われた会見で、たまは「ただ、ただ、運が良かった」と照れ笑いで、喜びを語った。

【写真】桂阿か枝の声マネをする笑福亭仁智

 たまは、1975年生まれ、大阪府貝塚市出身。98年に笑福亭福笑に入門し、古典・新作ともに卓越した技術を持つ。さらに、今年11 月に文化庁助成事業の一環として、天満天神繁昌亭などの寄席200席をライブ配信する『落語 for the future!』を発案するなど、上方落語協会会長の笑福亭仁智は「2刀流ならぬ3刀流、マルチな才能」と高く評価した。

 一方、『落語 for the future!』の苦労を、たまは「領収書に出せないお金がいろいろとあって、文書交通費みたいなのがいるんやなと」と冗談めかし、成果として「この会は配信をつけた方がいい、つけない方がいい、みたいなものが分かってきた。(今後)一つのフォーマットみたいなものを皆さんに提示できたらいいかなと思います」と語った。

 奨励賞には、桂阿か枝(50)と林家染左(50)を表彰。2人を上回る大賞に選ばれ、たまは「恐縮。運やねんなあ」と謙遜しきった。すると仁智が、この日仕事で欠席した阿か枝の声マネで「実力やー!」とたたえ、染左も「今年はたまさんしかないやろと思っていた」と実力を認めた。

 今後について、たまは「今まで通り」とし、「実は後輩の方が配信を生かしてどんどん進化している。僕ぐらいのキャリアになった時、先輩もお手本、後輩もお手本。皆がお手本の時代になった」とさらなる精進を誓った。受賞記念落語会が来年3月1日に開催される。

 『繁昌亭大賞』は、天満天神繁昌亭のスターを作ろうと、2007年にスタート。その年に活躍した上方落語協会所属の中堅落語家(入門25年以下)を有識者が選ぶ。直近3年は、2020年に桂よね吉、2019年に桂三金、2018年に桂かい枝が受賞している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ