プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

前澤友作氏、約12日間のISS滞在は「短かった」 100個のやりたいことは“70~80個達成”

ISS滞在は「短かった」と明かした前澤友作氏 (C)SPACETODAYの画像

ISS滞在は「短かった」と明かした前澤友作氏 (C)SPACETODAY

 日本人民間宇宙飛行士として初めてISS(国際宇宙ステーション)に渡航・滞在した実業家の前澤友作氏(46)が22日、オンラインで行われた記者会見に出席し、無事帰還したことを報告した。

【集合写真】前澤友作氏と共に挑んだISSプロジェクトについて語る宇宙飛行士ら

 ソユーズ宇宙船に同乗した会社役員の平野陽三氏と、ロシア人宇宙飛行士のアレクサンダー・ミシュルキンとともに会見に出席。アレクサンダー氏から「今回の滞在が長かったか、短かったか」と問われた前澤氏は「短かったです」と即答。その理由について「慣れるまでに3、4日かかる。慣れてから、8日しか(ISSに)いられなかった。理想を言うと20日くらいいられればよかった。30日は長い」と心境を語った。

 また「宇宙でやりたい100個のことについて、どれくらい達成できたか」については、「100個中、70~80個はできたと思います。20~30個はできませんでした」と回答。詳細については「YouTubeをご覧ください」と笑みを浮かべた。

 また、宇宙での生活を経て日常生活の見方も変わったようで、「地球を大事にしようと思いました。あと缶を食べた後は小さく折りたたむようにしたいと思います。ゴミをしっかり分別します」と語った。

 前澤氏らを載せたソユーズ宇宙船「MS-20」は、日本時間の12月8日午後4時38分にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地からISS国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられた。その後、約12日間にわたりISSに滞在。同20日午後0時13分にカザフスタン・ザナアルカ地区に着陸、無事地球に帰還した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ