プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

実写映画『バイオハザード』“振り向きゾンビ”など人気クリーチャーが続々

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(2022年1月28日公開)の画像

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(2022年1月28日公開)

 全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの大人気ゲーム「バイオハザード」から生まれた実写映画シリーズがリブート。「バイオハザード」の原点に戻る新たな映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(2022年1月28日公開)。本作のヨハネス・ロバーツ監督が『バイオザード』 では主役ともいえるゾンビについて語る特別映像が解禁となった。

【閲覧注意】“振り向きゾンビ”、リサ・トレヴァーの場面カット

 監督は「人気のクリーチャーのオンパレードだ。ゾンビに関してはゲームに忠実でありつつ、オリジナリティーも加えた。ウイルスに感染し、恐ろしい生物に変わる人々は、エキストラではなくれっきとした役者が演じた」と、ゲームでも有名な口を血で真っ赤に染めた”振り向きゾンビ”のシーンなど、ゲームとの対比で解説。

 注目のキャラクターについては「シリーズ初登場となるリサ・トレヴァーだ。リサは人体実験され続けた悲劇的で印象的な人物だ。リッカーも登場する。露出した筋肉と歯、長く巨大な舌が特徴だ。ファンなら大興奮間違いなしだよ」と、自信たっぷりだ。ラクーンシティの住人がウイルスに感染しおかしくなっていく様子も本編映像で見ることができる貴重な特別映像となっている。

■ストーリー
 巨大複合企業<アンブレラ社>の拠点があるラクーンシティ。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、<アンブレラ社>がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)はクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて2人は街中をさまよう住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、二人は<アン ブレラ社>が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ