プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

綾瀬はるか、佐藤健のせりふに笑い止まらず「最高におもしろい」

佐藤健のせりふに笑いが止まらなかったことを明かした綾瀬はるか(右) (C)ORICON NewS inc.の画像

佐藤健のせりふに笑いが止まらなかったことを明かした綾瀬はるか(右) (C)ORICON NewS inc.

 女優の綾瀬はるか、佐藤健が21日、都内で行われたTBS系スペシャルドラマ『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(1月2日放送 後9:00)制作発表に登壇した。

【集合ショット】書き初めにも挑戦!晴れ着姿で登場した綾瀬はるか、上白石萌歌ら

 桜沢鈴氏による4コマ漫画をもとに、2018年7月期に連ドラとして放送した“ぎぼむす”。2020年の正月には連ドラの1年後を描き、今回はスペシャル版として完全新作を送る。義母・亜希子(綾瀬)が再建した企業がハゲタカに乗っ取られるが、その男は失くした夫そっくりで…。ハゲタカのリベンジと夫そっくりの男(竹野内豊)への複雑な感情に揺れ動く亜希子。そんな義母を娘のみゆき(上白石萌歌)は成長した大人の眼差しで見守る。

 家族と奇妙な縁で結ばれた“愛されバカ”な麦田役の佐藤は「今回が麦田的に一番やらかしてしまうんです。テレビを観ながら、ぜひ、しかってほしい。麦田を、親心というか、あたたかい目で『お前、なにやってんだ』と突っ込んでもらえたらありがたい」とコメント。そのやらかし具合に期待が高まるが、綾瀬は「『今回はね、麦田がパワーアップしてます」とにっこり。

 「僕は正直不安だった。さすがに、ここまで馬鹿でこいつ、大丈夫かと。…でも綾瀬さんが『それがむぎちゃんのいいところだよ』って。思いきって演じました」と振り切ったよう。「ちょっと今回は(今までと)比にならないくらいやってます。良治さんという方が乗せるのがうまい。のせられてのせられて…やってしまいました」といい、その竹野内は「本当に気持ちよく乗っていただけて楽しかった。なかなかこういう佐藤さんって観られない。目の前で大丈夫かなって。振り切ってやられてたので」と二人のやりとりにも注目だ。

 また、佐藤は「良治さんが『ハゲタカファンドのマネージャー』って説明すると麦田はそんな言葉知らないから『はげ!?』って思うんですよ。その『はげ』ってフレーズに綾瀬さんが小2くらい笑ってました。おもしろいんですけどそんなに大人になる笑わないんですよ」と呆れ顔。さらに「本番中も笑ってましたよ。こっち一生懸命やってるのに…」とすっかりツボってしまった綾瀬にチクリ。綾瀬は「やっぱり『ハゲ』って二文字が頭にあって…麦田は最高におもしろいです」と無邪気な笑顔をみせていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ