プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ナイツ塙&サンド富澤『M-1』での“もらい泣き”語る 中川家・剛も涙「50歳の涙、リアルやった」

(左から)塙宣之、富澤たけし (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)塙宣之、富澤たけし (C)ORICON NewS inc.

 ニッポン放送の昼帯ラジオ『ザ・ラジオショー』(後1:00)でパーソナリティーを務めている、ナイツ(月~木)、中川家(金)、サンドウィッチマン(土)の3組による“漫才サミット”が、21日深夜放送の同局『漫才サミットのオールナイトニッポン(ANN)』(深1:00)に出演。19日に行われた『M-1グランプリ2021』の舞台裏を語った。

【写真】『ラジオショー』土曜日を担当するサンドウィッチマン

 塙宣之、礼二、富澤たけしが審査員を務め、錦鯉の優勝が決まった後には、塙と富澤のもらい泣きも話題に。この日の放送で、富澤が「いろいろね、僕の場合だと、なくしたはずの尿路結石が見つかった」とボケる一方で、塙は「オレは錦鯉を見て泣いただけです」と、あえて真面目に話すボケで笑いを誘った。

 剛が「もらい泣きですね。すごいですね。50歳の涙って。リアルやったな」と語ると、塙も「抱き合った時に、一瞬2007年のサンドさんの抱擁と重なった感じでしたよね」としみじみと話していた。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ