プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

華麗なる女性エージェントたちが世界を救う、スパイ映画『355』

映画『355』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.の画像

映画『355』(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

 ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンらが演じる各国の女性エージェントたちが力を合わせ、世界を救うミッションに挑む、スパイ・アクション映画『355』(読み:スリー・ファイブ・ファイブ)が、来年(2022年)2月4日に公開される。

【動画】スパイ界のドリームチーム結成、映画『355』予告編

 格闘術のスキルが高いCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱えるBND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。

 あらゆるセキュリティをくぐり抜け、世界中のインフラや金融システムなどを攻撃可能なデジタル・デバイスが南米で開発され、その途方もなく危険なテクノロジーが闇マーケットに流出しようとしていた。この非常事態に対処するため、各国から5人の女性エージェントが集結。ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていくストーリー。果たして第三次世界大戦を阻止することはできるのか!?

 タイトルにもなっている「355」は、18世紀アメリカの独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネームに由来。監督は、『X-MEN:ダーク・フェニックス』で初監督したサイモン・キンバーグ。豪華キャストの競演と誰が敵か味方かわからない、二転三転するストーリー展開にも注目だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ