プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

藤原大祐、初主演映画『追想ジャーニー』 高橋和也と二人一役

藤原大祐(左)、初主演映画『追想ジャーニー』 高橋和也(右)が共演(C)『追想ジャーニー』製作委員会の画像

藤原大祐(左)、初主演映画『追想ジャーニー』 高橋和也(右)が共演(C)『追想ジャーニー』製作委員会

 デビュー2年足らずでドラマ・映画で活躍する、藤原大祐が映画『追想ジャーニー』で初主演を務めることが明らかになった。監督は、谷健二(『一人の息子』『U-31』)が務め、脚本は竹田新が担当。国内外の映画祭に出品した後、来年夏以降の公開を目指す。

【画像】ティザービジュアルがもう一枚

 48歳・売れない俳優の男が、30年前に出て行った母親に呼び出され病院に行くが、声を掛けられずに帰ってしまう。その帰り道<退行睡眠>と書かれたメモを見知らぬ高校生に渡され、導かれるように怪しい店へ。白衣の男に催眠を掛けられると、目の前には高校生の自分が立っている。そして、男の追想の旅が今始まる、というストーリー。

 “高校生の自分”文也を演じる藤原は、来年1月期の連続ドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日系)に出演が決まっているほか、動画配信サービス「Hulu」で3月から独占配信されるドラマ『神様のえこひいき』に桜田ひよりとダブル主演するなど、さらなる活躍が期待される若手俳優。

 「18歳の文也が30年後の自分に出会い、その人が経験した出来事を体験していくというお話なのですが、そこで巻き起こる様々なトラブルの原因は文也が役者としてスターになることを目指しているということでして…。それがどうも今の自分と重なってしまって、これは僕の将来を予言しているんじゃないかと(笑)。自分もこうならないように頑張ろうと思えました!(笑)」とコメント。

 共演は数多くのドラマ・映画で活躍する高橋和也。「長い間映像作品に出演してきた。それでもわずか3日間で劇場用映画を撮影したのは初めてだ」と、裏事情を暴露。しかし、「撮影技術が進歩し、短期での撮影が可能なったとしても俳優には脚本を理解し、せりふを覚える為の物理的時間が必要だ。この映画にはその時間が限られていた。それでも出演したのは脚本が面白かったからだ。僕の演じた『男』と言う役は人生に失望している。自分の人生をもう一度やり直したいと 思っている。最近は役が『俺を演じろ!』と、向こうからやって来る気がする」と本作への思いを伝えている。

 藤原も「個性豊かな登場人物に振り回されたり、年の離れた同一人物が互いに貶(けな)し合ったりしていて、クスッと笑えるような作品になっていると思いますので是非劇場でお楽しみいただければと思います」と呼びかけている。

 今回発表されたティザービジュアルの撮影は、Dream Ayaが担当。「関係者の方からお声がけいただき、今回初めて映画の現場でシャッターをきらせていただきました。俳優陣、スタッフの皆さんの集中力、熱量に脱帽しながら作品の世界にのめり込んでいる自分がいました。映画館の椅子に座って大きなスクリーンで『追想ジャーニー』を見れる日を心から楽しみにしております」とコメントを寄せている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ