プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『アバランチ』最終話あらすじ 藤田(駿河太郎)は羽生(綾野剛)に向けて銃弾を放つ

『アバランチ』最終話カット(C)カンテレの画像

『アバランチ』最終話カット(C)カンテレ

 俳優・綾野剛が主演するカンテレ・フジテレビ系“月10”ドラマ『アバランチ』(毎週月曜 後10:00)の第10話が、20日に放送される。

【動画】『アバランチ』最終回を前にメイキング&ダイジェスト公開

 藤田(駿河太郎)は山守(木村佳乃)ではなく、羽生(綾野剛)の前に現れた。3年前の偽装テロ事件以来の再会を果たした2人だったが、喜びもつかの間、羽生は自らの直感から大山(渡部篤郎)側にはつかないことを宣言する。かつての同志が、それぞれが信じる“正義”の食い違いによって、今は全く別の道を歩んでいることを感じた藤田は「3年前、オレも含めて全員死んでいれば、お前と敵にならずに済んだのにな」とつぶやき、非情にも羽生に向けて銃弾を放つ。

 一方、西城(福士蒼汰)は父・尚也(飯田基祐)の元を訪れていた。息子として、同じ警察官として、父の不正を許せない西城は、週刊誌記者の遠山(田島亮)とともに調べ上げた証拠を使って、尚也を告発しようとするが…。それぞれが己の“正義”を信じ、最後の戦いへ。はたして、アバランチが起こした雪崩の結末は。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ