プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

綾野剛『アバランチ』撮了に万感 最終回で伝えたい思い「“現在”への寄り添いに…」

綾野剛、主演ドラマ『アバランチ』クランクアップに万感(C)カンテレの画像

綾野剛、主演ドラマ『アバランチ』クランクアップに万感(C)カンテレ

 俳優・綾野剛が主演するカンテレ・フジテレビ系“月10”ドラマ『アバランチ』(毎週月曜 後10:00)が、20日に最終回を迎える。主人公・羽生誠一を演じた綾野剛がクランクアップを迎え、コメントを寄せた。

【動画】『アバランチ』最終回を前にメイキング&ダイジェスト公開

 撮影を終えた綾野は「本当にありがとうございました。アバランチメンバーや羽生誠一に出逢えたこと、なにより皆さんとこの作品を今日まで走り切り雪崩を起こせられたこと、これからの自分の人生にとても大きな影響を与えてくれました。心から感謝申し上げます。いつかまた皆様にお会いできるようこれからも走り続けます。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう」とあいさつ。

 今作には、さまざまな反響が巻き起こったが「このドラマを批評してくださる記者、ライター、視聴者の皆様がノンフィクションの批評のように、現実と同じ目線や感覚で言葉を紡いでくださっていることに、とても感激しました。その皆様の言葉を受けて、我々の精神がより“揺るぎない前進”になった瞬間が多々ありました。一緒に世界線をみつめてくださっているお気持ちにとても魂が揺さぶられましたし、沢山の“気づき”にも出逢えました」と熱弁をふるった。

 その上で「先日ロケをしている際に、通りがかった方々から『アバランチだ』と言われたんです。個人名やタイトルではなくチームを指す感じで『アバランチだ』と。皆様と一緒に取り組んできた“フィクションとノンフィクションの狭間をどう行き来するか”というテーマにリアリティー与えてくださった瞬間でした。ありがとうございます。この場を借りて感謝申し上げます」と感謝の思いを伝えた。

 最終回では「Episode Final 尊厳」と題して、巨悪によってねじ曲げられた正義のための戦いが最終局面へ。綾野は「全10話を通して、全国民に“委ねる”のではなく“託す”という最終話を迎えました。このドラマは勝敗を表現したい作品ではありません。すべての人たちにとって当たり前の希望や、生きることへの誇りや尊厳を、少しでも感じ取っていただけたらと。僭越(せんえつ)ながら皆様の“現在”への寄り添いになりましたら、幸いです。最後になりますが、本当の“Episode Final”は皆様のお心の中にあります。ぜひ、受け取ってください」と、メッセージを送った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ