プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

宮野真守、有観客ライブで感慨「こみ上げるものが…」 エンタメ業界復活の兆し実感

『ボス・ベイビー ファミリーミッション』公開記念舞台あいさつに参加した宮野真守 (C)ORICON NewS inc.の画像

『ボス・ベイビー ファミリーミッション』公開記念舞台あいさつに参加した宮野真守 (C)ORICON NewS inc.

 声優の宮野真守が18日、都内で行われたアニメ映画『ボス・ベイビー ファミリーミッション』の公開記念舞台あいさつに参加した。

【動画】「いいんですよ!」ムロツヨシの小ボケに鋭いツッコミをした宮野真守

 年末にあたり、1年を振り返る漢字を問われると宮野は「復活」とする。「エンタメ業界も復活してきたのかな。映画も劇場で、たくさんの人に見ていただけるようになった」としみじみ。自身の活動においても「やっと有観客でライブができた。それは非常に大きかった。こみ上げるものがありました…。声は出せないとか、今まで通りとはいかなかった。お客さんはもどかしい部分は、あったと思いますが、ファンのみんなの前で歌えるのは復活の兆しかなと思いました」と感慨にひたっていた。

 前作から25年後が舞台の本作。大人になったボス・ベイビーと兄のティムの元に、“見た目は赤ちゃん、中身は女スパイ”の新たなボス・レディが現れ、世界を救うために再びボス・ベイビーとティムを赤ちゃん返りさせて、史上最大のミッションに挑むストーリー。

 舞台あいさつには、そのほか、ムロツヨシ、多部未華子、芳根京子、乙葉、石田明(NON STYLE)も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ