プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【ミュージックソン】SixTONESの特別企画を発表 メンバーそれぞれがレポート&セッション

特別番組『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』 SixTONESの特別企画を発表(C)ニッポン放送の画像

特別番組『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』 SixTONESの特別企画を発表(C)ニッポン放送

人気グループ・SixTONESが、24日の正午から翌25日の正午の24時間にわたって生放送されるニッポン放送特別番組『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』でパーソナリティーを担当。18日、番組内で放送する特別企画の詳細が発表された。

同局では、目の不自由な人たちが安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置するためのチャリティキャンペーン『第47回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』を、11月1日から来年1月31日までの3ヶ月間にわたって届ける。

 ジェシーは、筑波大学付属視覚特別支援学校を訪問。小学校1年生から6年生まで、1学年ずつ児童と対談したほか、休み時間には、児童たちとスポーツをして触れ合った。児童たちがどんな学校生活をしているのか、コロナ禍でどんな想いを抱えているのかを伝える。

【画像】おなじみ”ジェシーの笑い声”も!SixTONESとKis-My-Ft2のボイス付きスタンプ

 京本大我は、盲目のシンガーわたなべちひろとセッションを行う。今年、ディズニーミュージカル『ニュージーズ』の日本初演版で座長を務めた京本と、パラリンピック閉会式で演奏を披露し話題となったわたなべ。昨年の第46回で初共演し、リスナーから反響を呼んだ2人のセッションを再び届ける。

 松村北斗は、視覚障がい者の案内役に導かれながら漆黒の暗闇を体験する、ドイツ発のソーシャルエンターテイメント『ダイアログ・イン・ザ・ダーク(暗闇の中の対話)』をレポート。「音や言葉の大切さ」や「どういう言葉が本当に必要とされるか」を語っていく。

 高地優吾(※高ははしごだか)は、今年の東京パラリンピックで金メダリストとなった、競泳の木村敬一選手へインタビュー。実際に、プールで「パラ水泳」の世界を体験し、その魅力とすごさをレポートする。

 森本慎太郎は、盲導犬について取材。訓練の導入部分(ドッグエデュケーション・ハーネスワークなど)を体験し、実際に盲導犬PR犬と歩行した。そして、盲導犬ユーザーへのインタビュー取材を通して学んだ、現状の課題や想いなどを伝えていく。

 田中樹は、視覚障がい者の生活を支える白杖について取材。“白杖はパートナー”と語るユーザーへのインタビューを通して、想いや現状を学んだ後、田中がサポートしながら2人で各地を歩行する。その中で、「音の出る信号機」を前に、田中が感じたことなど、日々の街中で周囲の人間ができる“声かけ”や“フォロー”の理解促進・啓蒙を行っていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ