プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

【かけがえのない1本】高橋健介、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』「みんなで力を合わせて頑張るのが好き」

ハリー・ポッター愛が止まらない高橋健介 (C)ORICON NewS inc.の画像

ハリー・ポッター愛が止まらない高橋健介 (C)ORICON NewS inc.

 お気に入りの映画の話から、気になるあの人の心の中を少しだけのぞき見る【かけがえのない1本】シリーズ。今回は、2.5次元舞台で人気の俳優による“本番一発勝負”の『映画演劇 サクセス荘 〜侵略者Sと西荻窪の奇跡〜』(12月31日公開)に出演する高橋健介さんに “かけがえのない1本”を聞きました。ハリー・ポッターについて語る高橋さんの人柄のよさが伝わる動画もあわせてご覧ください。(※映画のネタバレ要素を含みます)

【動画】高橋健介のかけがえのない1本『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

###
 僕のかけがえのない1本は、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)です。僕は「ハリー・ポッター」シリーズが大好きです。『ハリー・ポッターと賢者の石』(01年)からはじまって、『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』(11年)まで全8作あって、その後、新シリーズ「ファンタスティック・ビースト」もあるのですが、やはり「ハリー・ポッター」を観ていない人は、人生、損していると思います。

 「ハリー・ポッター」シリーズについて、誤解している人がけっこういるんじゃないかな、と感じています。それは、1作目の『賢者の石』は観たことがあるという人が一番多いと思いますが、あるいは2作目の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』、3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』までは観たけど、そのあたりでシリーズから離れてしまったという人の中に、“子ども向けの魔法使いの映画”というイメージを持たれている方がけっこういらっしゃるような気がします。

 でも、実際は、大人も楽しめる物語なんです。シリーズのはじまりから終わりまで、(公開年で)10年経っています。出演している役者たちも最初は子どもでしたけどめちゃくちゃ成長している。成長して、恋の話とかも出てきますが、とりあえずそれは置いておいて、『不死鳥の騎士団』です。

 「ハリー・ポッター」シリーズの中でも、なんで『不死鳥の騎士団』が一番好きかというと、僕はみんなで力を合わせて頑張って何かを成し遂げる、というのがすごく好きです。高校時代もサッカー部でしたが、一緒な気がしますね。『不死鳥の騎士団』では(史上もっとも強力かつ危険な闇の魔法使いとされる)ヴォルデモートが復活してしまい、ハリーたちはヴォルデモートと戦うためにどんどん魔法を学んで備えようとしますが、ホグワーツ魔法魔術学校や魔法省の役人たちは、ヴォルデモートの復活を全然認めようとしません。

 「闇の魔術の防衛術」の授業も教科書に書いてあることをなぞるだけで、実践的なことを一切教えてくれない。こんなじゃヴォルデモートに太刀打ちできないと思ったハリーたちは、自分たち生徒同士で力をつけようと立ち上がる。ホグワーツ城には「本当に必要なときだけ」入ることができる隠し部屋みたいなものがあって、その部屋で生徒たちは「エクスペクト・パトローナム(守護霊よ来たれ)」とか、自ら魔法を学びます。今までは先生たちから教えてもらうだけだったのが、生徒たち同士で教え合います。魔法が得意じゃない生徒たちもどんどん覚えていく。やがて生徒たちだけで敵に立ち向かっていくというめちゃくちゃおもしろいお話です。

 みんなで目標に向かって、お互いに支え合って頑張るというのがすごく好きだから『不死鳥の騎士団』が一番好きですし、皆さんにも観ていただきたいな、と思いますが、実はこれに似た映画があります。それが、『映画演劇 サクセス荘 〜侵略者Sと西荻窪の奇跡〜』。自分の夢をかなえるために頑張っているサクセス荘の住人たちの前に大きな壁が立ちふさがりますが、そこにみんなで向かっていく素敵な映画になっていますので、ぜひ観てください。

###

■映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
2007年、アメリカ・イギリス、監督:デヴィッド・イェーツ

 ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー。ヴォルデモートが復活するも、それを信じない魔法省と対立してしまう。そしてホグワーツ魔法魔術学校には、「闇の魔術の防衛術」の教授として、ドローレス・アンブリッジが送り込まれる。ところが教授の教える防衛術は迫り来る危機に対して余りにも不十分だった。そこで、ハリーは仲間たちとともに秘密の訓練を開始する。

■『映画演劇 サクセス荘 〜侵略者Sと西荻窪の奇跡〜』2021年12月31日公開

 都会の片隅にひっそりと佇む一軒のアパート「サクセス荘」。そこは成功(サクセス)を夢みる若者たちがいつか必ず夢を叶えて巣立っていくという伝説があった…。そんなサクセス荘に暮らしているのは芸人、漫画家、占い師、料理人などそれぞれ夢を持った個性豊かな若者たち。彼らはジャンルこそ違えど、成功したい気持ちは皆同じで夢に向かって日々頑張っている。ある日、そんな平穏なサクセス荘に謎の集団が襲来し、最大の危機が訪れる…! 果たしてサクセス荘の住人たちは絶体絶命のピンチを乗り越えることができるのか? サクセス荘の運命や如何に――。

出演:和田雅成 高橋健介 高野洸 高木俊(※高=はしごたか) 黒羽麻璃央 spi 立石俊樹 有澤樟太郎 荒牧慶彦 定本楓馬 玉城裕規 寺山武志 小西詠斗 唐橋充(※以上、劇中部屋番号順)佐藤流司 北園涼 橋本祥平 北村諒
原案・プロデュース:松田誠(ネルケプランニング)、脚本:徳尾浩司、川尻恵太(SUGARBOY)、監督:川尻恵太(SUGARBOY)
公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/success_soum/

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ