プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

豊川悦司、中村倫也を「家に置いておきたい」 相思相愛ぶりがハンパない特別映像

『No Activity/本日も異状なし』(12月17日よりPrime Videoにて独占配信)(C)2021 Amazon Content Services LLCの画像

『No Activity/本日も異状なし』(12月17日よりPrime Videoにて独占配信)(C)2021 Amazon Content Services LLC

 俳優の豊川悦司が主演し、中村倫也と共演するAmazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』(12月17日配信、全6話)より、本作で刑事の時田信吾(ときた・しんご)を演じた豊川と、時田とバディを組む新人刑事・椎名遊(しいな・あそぶ)を演じた中村が、お互いの共演秘話を語る特別映像が解禁となった。

【動画】 豊川悦司&中村倫也の特別映像

 同作は、オーストラリアで大ヒットしたコメディドラマ『No Activity』を日本版としてリメイクした新感覚のコメディ・刑事ドラマ。ハッタリだらけのベテラン刑事の時田と、刺激を求める今時な新米刑事・椎名のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、予測不可能な騒動を描く。

 解禁された映像では、まるで作中の時田と椎名のバディのような、固い絆をみせる豊川と中村の仲良しトークを見ることができる。

 開口一番、「撮影の半ばになると、中村くんを家に置いておきたいなというくらい、中村くんが演じる椎名が面白くなってきました」と告白した豊川。熱い想いを打ち明けられた中村は、「本当ですか!?」と驚きながら、思わず照れ笑い。さらに豊川は、「アドバイスをくれたり、相槌を打ってくれたり、Alexa以上の存在になってくれそうな気がします」と、Amazonが展開する高性能AI以上に頼れる存在であることを明かした。

 豊川から絶大な信頼を置かれた中村は、「バディの時田役が豊川さんだと知って、楽しみでしょうがなかったです。台本読みの数シーンで、既に豊川さんの時田が大好きになってしまいました」と返し、お互いの相思相愛ぶりをみせている。第一線で活躍し続ける日本を代表する俳優と、さまざまな役を演じ分ける実力派俳優のピッタリと息の合った掛け合いに、これまで誰もみたことのないような名バディの誕生を予感させる映像となっている。

 豊川と中村が演じる時田と椎名は、初めてタッグを組むバディ。新人刑事の椎名は、謎の名言ばかりを並べる時田に、最初こそは距離を置くが、警官になった理由が“刺激が欲しいから”というちょっと変わった動機の椎名は、時田の沼のような魅力にズブズブとハマっていく。聞き上手な椎名に乗せられるように、テキトーさに拍車のかかる時田、そんな時田に引きずられるようにして、次第に羽目を外してゆく椎名。妙にウマが合うことに気づいた2人は、緊張感あふれる麻薬取引の張り込み中にも関わらず、やりたい放題にふざけまくる。

 まるで中学生男子のおふざけのような下らないやり取りを繰り広げ、捜査に進展がないことをいいことに、持ち場を離れてドライブしたりと、とんでもない行動ばかり起こす時田と椎名。そんな2人をよそに麻薬取引は着実に進んでゆき、事態は予想外の方向に転がり始める。果たして2人は無事に犯人を検挙することができるのか?

 時田と椎名のありえないバディと、彼らをとりまく一癖も二癖もある登場人物たちが織りなす軽妙な会話劇。そしてそれぞれが次第に結びついてゆく、我々の想像を超えた物語に期待が高まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ