プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ZAZY、ラストイヤーで悲願の『R-1』優勝狙う 森本サイダーに前回決勝での悪行バラされ「素行よくする」

悲願の『R-1』優勝狙うと語ったZAZY (C)ORICON NewS inc.の画像

悲願の『R-1』優勝狙うと語ったZAZY (C)ORICON NewS inc.

 ピン芸人のZAZYが26日、東京・よしもと有楽町シアターで開催された“とにかく面白いひとり芸日本一”を決める『R-1グランプリ2022』の『やります会見』に参加した。

【集合ショット】ラランド&ZAZYも出演!『R-1グランプリ2022』の『やります会見』

 ゆりやんレトリィバァが優勝した前回大会で2位となっていたZAZYにとって、2022年がラストイヤーとなる。「(ネタを)仕上げていきたい」と気合十分。「前回の放送を家で見直して、ゆりやん優勝の時に俺だけありえへん顔してた」と自虐していた。準優勝の反響で「いい感じに仕事が増えた。でも、もっと増やしたい」と意気込みを語っていた。

 さらに、主催者にこんな要望も。「今年、モニターを使ったネタをやろうと思ってるんですけど、『R-1』は貸してくれないんです…。モニターってレンタルするのに1回で40万円、50万円ぐらいかかる。貸してくれなかったら、予選から考えると200万円ぐらいの負担になる。ぜひ、予選からお願いします」と懇願していた。

 また、森本サイダーから、こんな暴露も。ライバルを問われた森本は「ZAZYさんに勝ちたい。前回、本番前のピリピリしている時にZAZYさんが僕のフリップの順番を入れ替えた」とクレーム。そんなイタズラをしたZAZYだったが、自身は決勝の大ネタでクリップを取り忘れる痛恨のミスをしでかしていた。森本から「最悪なことして本番、(自分のフリップに)クリップがあった」とバチが当たったと通告すると、ZAZYは「マジで今回、決勝に行かせてもらえたら素行をよくしようと思う」と改心したことを語っていた。

 2002年より開催してきた同大会も来年で20回目という節目を迎える。今年の出場資格は昨年に引き続き「プロは芸歴10年以内であること」「アマチュアは、R-1への出場が今回で10回目以内であること」に。優勝賞金も500万円となる。

 会見では、そのほか、エルフ荒川、お見送り芸人しんいち、kento fukaya、しゅんしゅんクリニックP、高田ぽる子、マツモトクラブ、ラランド、やす子、吉住らフレッシュな顔ぶれが会見に参加し、意気込みを語っていた。

 応募期間は、きょう26日から12月24日まで。12月26日から予選がスタートし、決勝戦の模様は来春、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送を予定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ