プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【ネタバレ】【カムカムエヴリバディ】安子の心の声… 無音の演出も「効果的だった」

『カムカムエヴリバディ』第20回より(C)NHKの画像

『カムカムエヴリバディ』第20回より(C)NHK

 女優の上白石萌音が初代ヒロインを担当する2021年後期連続テレビ小説 『カムカムエヴリバディ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。きょう26日放送の第20回は、視聴者にとっても胸を痛める回となったのではないだろうか(ネタバレあり)。

【場面写真】男の子からある話を聞く安子

 菓子作りに命を燃やした金太(甲本雅裕)。その突然の死を見守ったのは、おはぎを持ち逃げしようとした男の子だった。金太におはぎ売りを託された男の子は、商いの楽しさを知り、新たな人生を歩みはじめる。そして戦後3ヶ月半。4年ぶりに「基礎英語講座」が復活。安子(上白石)は、稔(松村北斗)の帰りを心待ちにしながら英語の勉強を再開。るいをあやしながら家事をしているとひとりの復員兵の姿が現れ…という内容だった。

 戻ってきたのは勇(村上虹郎)だった。勇が戻って、千吉(段田安則)や美都里(YOU)が喜んだのもつかの間、稔が戦死した知らせが届いた。安子は家を飛び出し、神社へと向かい「稔さん、意地悪せんで…。帰ってきて、稔さん、稔さん、稔さん」と泣き叫び、第4週の放送が終わった。

 SNSでは「嘘であってほしい」「涙が止まりません」「二日連続で涙腺崩壊」「帰ってきてほしかった」など、悲痛な叫びが寄せられている。さらに、神社に向かっているときは安子の「稔さん…」という心の声以外はない“無音の演出”もあり「余計つらいけど、すごい演出だった」「リアルさがえぐい」「効果的だった」などの声も届いている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ