プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

はなわ、『佐賀県』自虐ネタへの“懺悔”「売れるために嘘も歌っていた」

2003年「佐賀県」がヒットし、紅白出場も果たしたはなわ (C)oricon ME inc.の画像

2003年「佐賀県」がヒットし、紅白出場も果たしたはなわ (C)oricon ME inc.

 ベースを弾きながら歌う芸風で注目を浴び、『エンタの神様』(日本テレビ系)などで活躍していたはなわ。当時、「子どもたちは歩きなのにヘルメット」「バス停の名前が“山下さん家前”」といった誇張した自虐的な歌詞に、佐賀県民から少なからず批判の声もあった。実ははなわの出生地は埼玉県で、当時は佐賀への地元愛はあまりなく、批判も全く気にしていなかったが、年々感謝と懺悔の気持ちが生まれているという。2011年に佐賀県にUターン、今夏コロナの影響で再び関東に移住した彼に、現在の佐賀県への思いを聞いた。

【写真】はなわ、中学の”憧れの先輩”だった美人妻&3男家族ショット

■ストレスで円形脱毛症に… 必死で生み出した“田舎キャラ”を拾ってくれたのは福山雅治

 小学生の頃から佐賀県で育ったはなわは、幼い頃から人と違うことをするのが好きだった。特にお笑いにこだわりがあったわけではないが、テレビに出たい、有名人になりたい、との思いで芸人を目指し、高校卒業とともに上京した。

「お笑いの世界は想像以上に厳しいところでしたが、根拠のない自信だけは不思議とあって。例えば左利きであることや、はなわという珍しい名前とか、とにかく自分は特別な人間だと本気で思っていたんですよね。当時は佐賀で芸人を目指す人なんていなかったですし、東京なんて佐賀県人からしたらニューヨークに行くぐらいの感覚ですよ(笑)。そういう、人がやらないことをしているからこそ、“自分には何かあるはず”と思えていたんでしょうね」

 根拠のない自信だけを頼りに、独自の表現スタイルを貫きながらショーパブなどでネタを披露しつつ、細々芸人生活を送っていた。そんな状況の中、結婚して子どもを授かったはなわは、父親としての責任感から、初めて“芸人を辞めたほうがいいのかもしれない”との考えがよぎった。

「家族を養わなければいけないので、このままじゃいけない、なんとかしなきゃみたいな焦りを感じていましたね。どうやったら売れるんだろうと日々模索していましたし、円形脱毛症にもなったりして(笑)。まだその頃はお笑い氷河期で、お笑いライブで1位をとっても、ネタを披露できるような番組がなかったんです。あの頃は本当にキツかったですよ」

 お笑い芸人は「背が小さい」「太っている」などコンプレックスが武器となり、キャラを印象づける役割を果たすことも多い。そういった外見の個性がないことに悩んでいた彼は、出身地である佐賀について周りからいじられたことをきっかけに、“田舎キャラ”“田舎ネタ”を思いつく。

「先輩とかから『佐賀ってどんなところ?』とか『佐賀ってコンビニあるの?』なんて聞かれて、“もしかしたらこれが俺の個性になるんじゃないかな”と思い始めたんです。最初は佐賀弁でコントをやったりしたんですけど、とあることがきっかけで事務所の社長がベース買ってくれて。“これは使えるな”と思いましたね(笑)。それでベースを弾きながら“佐賀あるある”のネタをやり始めたら、どんどんウケちゃって。

 ちょうどその頃から放送開始したNHKの『爆笑オンエアバトル』という番組に出たことがきっかけで話題になって、『エンタの神様』に出るようにもなって、あれよあれよと忙しくなっていったんです。さらに福山雅治さんがラジオで「佐賀県」を推してくれるなんていう強力なバックアップもあって、本当に運に恵まれていましたね」

■「批判があった方が尖ってて良いと思っていた」その裏で、両親が佐賀県知事に土下座していた

 突如、借金生活から人生が一変し、歌いすぎて出なくなった声を治すために首に注射を打ったこともあった。「過酷なスケジュールすぎて人気者になったことを喜ぶ暇もなかった」と当時を振り返りながら、真っすぐな瞳で話を続けた。

「急に売れてどんどん消費されて一発屋になってしまう人もいますが、僕はそこは特に意識してなかったですね。むしろ売れるなら、一発屋でもなんでもいいんじゃないかとも思っていました。だって一発屋でも十分すごいし、なかなかなれるものではないですよね」

 ネタ番組ブームのみならず、「佐賀県」(2003)のCDデビューで大ブレイクを果たしたが、一方で、自虐的な歌詞に対して、地元民から批判の声が寄せられたこともあった。

「とにかく売れるために、批判されることは全く意識せずにやっていましたし、必死でネタ作っていました。「佐賀県」を歌い始めた当初は、ライブではウケてたけど、まさかCDになって売れると思ってなかったというのもあります。あとで知ったのですが、うちの両親が県知事に土下座したこともあったそうで…。よく考えたら“田舎あるある”を“佐賀あるある”にして嘘も交えて歌っていたので、『佐賀はこんなんじゃねーよ!』と言っていた人の気持ちが今ならわかるんです。だけど、当時の僕はあまり気にしてなかったというか、批判的な声があった方が尖ってて良いじゃんぐらいに思っていたんですよね」

■「なんてことをしてしまったんだ…」20年の時を経て芽生えた地元愛と自戒の念

 『エンタの神様』終了後は、サウンドプロデューサーとしても60曲以上もの楽曲制作に携わるなど、新たな才能を開花。2011年には子育てのために佐賀にUターン移住し、仕事で東京と佐賀を行ったり来たりの生活をスタートさせた。

「最初は子育てのために帰ったんですけど、ここ数年で改めて佐賀の良さに気付きました。例えば、焼き物やお米、野菜など物作りに対するこだわりがすごくて、世界的な賞もたくさんとっているのに、“当たり前のことをやっているだけ”という意識を当たり前に持っている人が多いんです。そういう美学を持って生きているところが佐賀県民の粋なところですよね。あと自然も多いし食べ物も美味しいし、知れば知るほど良いところだなと思います。だからこそ、自虐的なことを歌っていた当時の自分に対して『なんてことをしてしまったんだ…』と申し訳ない気持ちにもなって…。いまの僕があるのは佐賀のおかげですし、今後どういう形で佐賀に恩返しをしていこうかということを常に考えています」

 2017年には実話を元にした楽曲「お義父さん」が泣けると話題になり、レコード大賞企画賞を受賞。また、同年にはベストファーザー賞も受賞している。2019年には大ヒット映画『翔んで埼玉』の主題歌「埼玉県のうた」も手がけた。そして同年12月、YouTube『はなわチャンネル』を開設。佐賀県で子育てをするありのままの日常やおすすめの飲食店なども度々紹介してきた。

「“人を元気にすること”ならなんでもやりたいですし、逆にそうじゃなければやらないと決めています。『はなわは何屋なんだ?』と言われたいですし、これからも肩書きにこだわらず色んなことにチャレンジしようと決めています。芸人としては、昔から賞レースには興味がないですし、マイペースに人と違うことをやり続けるだけというか。もちろん、弟をはじめ、そういったところで勝負している方は凄いなと思いますし、チャンピオンを目指してお笑いをやっている人達のことを大尊敬しています。ただ、僕はみんなが目指すようなエベレストよりも、誰も知らないそこらへんの山の頂上に立ち続けていたいんですよね。その気持ちは今後も変わらないと思います」

(取材・文=奥村百恵)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ