プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

二宮和也主演『潜水艦カッペリーニ号の冒険』イタリア人キャスト決定 元宝塚・愛希れいかが民放ドラマ初出演

『潜水艦カッペリーニ号の冒険』に出演する(左から)ペッペ、ベリッシモ・フランチェスコ、パオロ、二宮和也 (C)フジテレビの画像

『潜水艦カッペリーニ号の冒険』に出演する(左から)ペッペ、ベリッシモ・フランチェスコ、パオロ、二宮和也 (C)フジテレビ

 人気グループ・嵐の二宮和也が主演、来年1月3日に放送されるフジテレビ系新春スペシャルドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』(後9:00)の追加キャストが発表された。今作は実話をベースに第二次世界大戦中に運命的な出会いを果たすことになる、厳格な日本海軍軍人と陽気なイタリア人たちの国境を超えた友情と恋の物語。このほど、イタリア人キャスト3人、そして二宮演じる軍人・速水が思いを寄せる鈴木香苗役として元宝塚トップスター・愛希れいかの出演が決定。愛希は民放ドラマに初出演する。

【写真】愛希れいかと注目のイタリア人キャスト3人

 物語の鍵を握るイタリア人役として起用されたのは漫画家でモデルのペッペ、料理研究家のベリッシモ・フランチェスコ、オペラ歌手のパオロ。ペッペは、週刊コミック誌『ビックコミックスピリッツ』にて、漫画家として自身の生活を題材にしたコメディー作品を連載し、話題を集める。さらにモデルとしても活動。ベリッシモは、現在レギュラーと準レギュラー合わせて計3本もの番組を抱えているなど、タレントとしても人気に。オペラ歌手のパオロは「じゃあいいですぅ」のフレーズでおなじみの『AirPAY』のCMで話題を集めている。

 全員オーディションで選んだという馬場康夫監督は「やる気もあって、3人がいると現場の雰囲気が明るくなる。ベリッシモはシャレ好きで冗談好き。パオロはオペラ歌手なので、彼が紹介してくれたイタリアの曲を採用しました」とコメント。「イタリア語の翻訳はペッペがしてくれました。漫画家なのでセリフのニュアンスがよく分かっていて、現場では二宮さんにイタリア語のセリフを伝えてくれるなど、とても頼りになる存在でした」と語る。ぜひ、全身全霊で臨んだ3人の体当たり演技と、陽気でユーモアたっぷりなイタリア人ならではの楽しい掛け合いにも注目だ。

 撮影を振り返ってペッペは「二宮さんや有村(架純)さんたちプロの俳優・女優さんの隣に立って演技を見るのは楽しかったです!」と満喫したよう。ベリッシモは「世界的にヒットしたクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』を見て、二宮さんのことを知っていたので、二宮さんのような天才俳優さんと共演できたこともすごくうれしかったです。これから友達に自慢できますね(笑)」とうれしげに語る。パオロは「これまでに頂いたお仕事は出演が短いものばかりでしたので、ついに一つの作品で30秒以上テレビに出られそうだなぁと(涙)。率直にうれしく思いました」と喜びを明かした。

 また、愛国心を誓う日本海軍少佐の速水は超堅物でイタリア人の軟派な国民性を毛嫌い。そんな速水がひそかに恋心を寄せる相手が、速水の妹・早季子(有村架純)の職場の同僚で速水の同級生でもある香苗。不器用な速水は、戦時中とういこともあり、思いを伝えられずにいた。そんな様子を見ていたイタリア人たちは「人生は恋をするためにある」と恋のアドバイスをするが…。

 価値観、人生観、言語、全てが異なる日本人とイタリア人。衝突を繰り返しながらも、どんなにつらい状況であっても人生を謳歌(おうか)しようとするイタリア人の前向きな姿勢と愛情深い心に接しているうちに、速水の凝り固まった心も次第に和らいでいく。コミカルな会話劇が繰り広げられる一方で、戦火の足音は日に日に大きくなり、両者の間に芽生えた友情は無情にも引き裂かれていくことになる。

 時代に翻弄され、命の危機にさらされた彼らを待ち受ける運命とは。構想から25年の時を経て、このたび、CG技術を駆使した壮大なスケールで映像化される。

■キャストコメント

【愛希れいか】
戦争というあらがえない世界の中で必死に生き、その中で出会う人たちとの絆や愛が、時にコミカルに…とってもステキに描かれている、どの世代の方にも楽しんでいただける心温まる作品になっていると思います。ぜひ、たくさんの方に見ていただきたいです!

【ペッペ】
撮影をしながら、めちゃくちゃ笑ったり、楽しんだりしていたので、とても面白いドラマになっていると思います。みなさん、ぜひ見てみてください!!

【ベリッシモ・フランチェスコ】
日本とイタリアの人々の心の素晴らしさが語られている、老若男女向けのめちゃくちゃいい話です!ぜひ、見てください!GRAZIE!」

【パオロ】
とても距離が遠い日本とイタリアですが、不思議と、文化や人々との距離はとても近いように感じています。『潜水艦カッペリーニ号の冒険』は、そんな日本人とイタリア人とのストーリーです。たくさんの笑いあり、ほんの少しの涙ありの物語です。楽しんで見ていただければ幸いです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ