プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

キアヌ・リーブスの合図で5都市のランドマークが“マトリックス化”

キアヌ・リーブスの合図で東京、大阪、札幌、名古屋、福岡のランドマークが“マトリックス化”の画像

キアヌ・リーブスの合図で東京、大阪、札幌、名古屋、福岡のランドマークが“マトリックス化”

 全世界で空前の社会現象を巻き起こした、キアヌ・リーブス主演のアクション映画『マトリックス』の新章となる『マトリックス レザレクションズ』が、12月17日より公開される。これを記念して11月24日、東京、大阪、札幌、名古屋、福岡にあるそれぞれのランドマークをマトリックスカラーであるグリーンにライトアップする“日本マトリックス化イベント”が行われた。

【動画】キアヌ・リーブスの日本独占コメントと“マトリックス化”の瞬間

 東京・新宿ピカデリーで、1999年公開のシリーズ1作目『マトリックス』の上映前に行われたイベントには、『マトリックス』大ファンの武田真治、『マトリックス』1作目の公開年1999年生まれである井上咲楽、誰よりも『マトリックス レザレクションズ』を楽しみにしている男・こがけんが登壇し、シリーズの魅力や新章への期待、考察なども交え、熱いトークを展開。その後、シリーズを通して主役ネオを演じるキアヌ・リーブスの日本独占コメントを合図にライトアップされる各地の様子が中継された。

 キアヌは、流れるマトリックス・コードを背景に、「日本の僕の友人たちへ、日本をグリーンに染めるよ」と語り掛け、「5、4、3、2、1 マトリックスへようこそ!」と合図を送ると、東京の「東京タワー」、大阪の「OSAKA WHEEL」、名古屋の「オアシス21」、札幌の「さっぽろテレビ塔」、福岡の「福岡タワー」のライトアップが一斉にグリーンに変わり、“マトリックス化”は大成功となった。

 『マトリックス』は、私たちの生きるこの世界が、実は[仮想世界=マトリックス]であるという衝撃的な設定、アクション映画の概念を塗り替えた超絶アクション、緑にきらめくマトリックス・コード、クールなネオとトリニティーのルック、斬新な映像と撮影手法、VFXとカンフーの組み合わせや日本のアニメから影響を受けた異文化的斬新なアクションなど…さまざまな“映像革命”を起こし、それは、映画の域を超え、映像/カルチャー/クリエイター/概念等、今日私たちが目にするさまざまなものに影響を与えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ