プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

井上咲楽“マトリックス避け”試して尻もち 5都市の名所でグリーンのライトアップも

“マトリックス避け”を試すも尻もちをついて倒れてしまった井上咲楽 (C)ORICON NewS inc.の画像

“マトリックス避け”を試すも尻もちをついて倒れてしまった井上咲楽 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの井上咲楽(22)が24日、都内で開催された“日本マトリックス化イベント”に登壇。映画『マトリックス』(1999年)の有名なシーン、「マトリックス避け」を再現するかのように体を思い切り反らして尻もちをつくハプニングがあった。

【動画】イベント会場で上映されたキアヌ・リーブスのコメント

 イベントは、シリーズ4作目となる最新作『マトリックス レザレクションズ』が12月17日に公開されるのを記念した1作目『マトリックス』の上映会の前に行われ、リアルタイムで映画を観て、衝撃を受けたという武田真治、こがけんも登壇。

 武田は「銃弾を避けたいと思った時にとっさにのけぞる、観たことがないシーンだった」と、キアヌ・リーブス演じる主人公のネオが体を思い切り反らせて銃弾を回避するシーンを話題にし、こがけんに「やれそうじゃない?」と無茶ぶり。「腰が悪くてできないです」と断られると、「咲楽ちゃんできそうじゃない?」と井上に矛先を向けた。

 こがけんのように断る術を持たない井上は「こういうやつですよね」と体を反らせていき、ついに尻もちをついて倒れてしまう。「ここまでやらないと(『マトリックス』が好きだと)信じてくれない!」と悲痛な声を上げていた。

 この後、司会者からマトリックス避けを再現するように促された武田だが、「身体能力でできるものじゃない。今の咲楽ちゃん以上のハプニングはないよ」と拒否。こがけんは「そこはやってよ、武田さん!」と、進行台本をまるで無視する武田に少しキレていた。

 『マトリックス』が公開された1999年生まれの井上は、最近になって1作目の『マトリックス』を観たといい、「電話でマトリックス(仮想現実)の世界と現実世界を行き来しているのが衝撃的だった。今だったらWi-Fiとかの発想になりそうだけど、スマホじゃなくて黒電話だったことに1999年を感じましたね」と、デジタルネイティブ世代らしい感想を語っていた。

 さらに、“日本マトリックス化”として、東京、大阪、札幌、名古屋、福岡の5都市にあるそれぞれのランドマークをマトリックスカラーであるグリーンにライトアップ。点灯カウントダウンは、シリーズを通して主役ネオを演じているキアヌ・リーブスが担当。日本独占コメントとともにカウントダウンする映像を合図に実施された。

 イベントの最後にこがけんは、「予告編をくまなく観ましたが、展開が1作目とすごく似てるんですよ。もしかしてループものなのかも、モーフィアスやスミスのキャストが変わっているのは別の世界線の『マトリックス』なのかも、など想像が膨らんで面白い」と考察を展開。さらに、黒い画面に緑の文字が流れる有名な「マトリックス・コード」に触れ「1作目のマトリックス・コードでは、実はお寿司のレシピが書かれている」と、ファンならではのトリビアも披露し会場を沸かせた。

 井上は「私も『マトリックス』と同い年として成長したということで、『マトリックス』ファンの父と一緒に観に行きたいです!」と親子2代で新章を楽しみにしていることを明かした。

 武田は「新章には過去作に登場したキャストとは違う続投キャラクターがいたり、人類が続く限り続いていく映画なのかもしれないと思っています。記念すべき第1作目を映画館で観られる方は、これをしっかり復習して、新章『レザレクションズ』を楽しんでいただけたら。僕も公開が楽しみです、一緒に『マトリックス』の世界を楽しんで行きましょう!」と笑顔を見せた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ