プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松本潤『99.9』香川照之&杉咲花からの絶賛に照れ「座長としてかっこよすぎて」

映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』完成報告イベントに出席した(左から)香川照之、松本潤、杉咲花 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』完成報告イベントに出席した(左から)香川照之、松本潤、杉咲花 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・嵐の松本潤が24日、都内で行われた映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』(12月30日公開)完成報告イベントに登壇。型破りな弁護士・ 深山大翔を演じる松本と利益優先の弁護士・佐田篤弘役の香川照之、新ヒロイン・河野穂乃花役の杉咲花、連ドラから担当する木村ひさし監督が参加するなか、香川と杉咲から“座長”松本への称賛が送られた。

【写真】巨大ロゴから登場した松本潤

 同シリーズは裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)が99.9%とされる刑事事件に、個性豊かな弁護士たちがぶつかり合いながらも、残りの0.1%の可能性に懸けて挑んでいく新感覚痛快リーガル・エンターテインメント。

 もともとドラマに親しんでいたという杉咲は、シリーズ途中からの合流に「とても緊張した」としつつ、クランクインしたらみなさまがあたたかく優しく迎えてくださり、クランクアップの日は寂しくなりました」と現場の雰囲気に感謝。

 穂乃花は深山や佐田ら、刑事専門ルームの個性的なメンバーに負けず劣らずの強烈キャラとなっているが、松本は「クランクインしてすぐ、2人で関係性を作っていくシーンから撮影を始められたので、役をつかむスピードとか、振り切ってするお芝居をみて『この人はすごい』と見てました。あっという間に役をつかんで世界観にあっという間になじんだのがすごいな」と感心。

 香川も「いままで調味料大さじ1くらいのところを、大さじ3くらい入れる勢い。杉咲さん、『できません』とおっしゃってもいいのに、これができちゃう。朝ドラがクランクアップしてわずか1週間くらい。朝ドラであれだけの役をやって『これをやれ』と言われたら僕だったら怒ります。杉咲さんは完璧にやるんですよ」と絶賛。

 杉咲は「必死でした。食らいつかないとと思って」とがむしゃらだったことを明かすと、松本は「気がついたら先に行ったのではないか、というほど、すごいスピードでスタートダッシュをかけてましたね」と声をかけ、杉咲は「そんな関係をつくっていただき感謝です」と恐縮した。

 現場の雰囲気について松本は「スタンバイ待ちでも、せりふをみんなで返して、しゃべって、芝居のことを話したり、せりふを言い合っているからこそ、このタイミングはこうしたら…と、よりリアリティーのあるシーンになったことは多々」といい、「シーンが出来上がったときの達成感。みんなでつくった達成感もある。チームプレーっていいな、と改めて感じられる現場でした」と満足げな表情を浮かべる。

 そんな松本を香川は「松本さんが全部に対して気を使って全部みてくださるから安心してできる」と信頼。杉咲は「勉強になることばかり。客観的にみたアドバイスだったり、悩んでいたとき『どう?』って聞いてくださって、監督と3人で話す機会をくださったり、スタッフさんの名前もみなさん覚えてさりげなくコミュニケーションをとられている姿を見て、本当に座長としてかっこよすぎて、たくさん拝見させていただきました」と尊敬の眼差しを向け、松本は照れ笑いを浮かべていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ