プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『半妖の夜叉姫』殺生丸の娘・せつな活躍回! 炎牛が暴れ琥珀たち奔走 【第33話あらすじ】

テレビアニメ『半妖の夜叉姫』の場面カット(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020の画像

テレビアニメ『半妖の夜叉姫』の場面カット(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 テレビアニメ『半妖の夜叉姫』の第33話の先行場面カットが公開された。

【画像】ポニーテールが美しい…殺生丸の娘・せつな 第33話の場面カット

 第33話「魔夜中の訪問者」は、炎牛が暴れ、火消しに奔走する琥珀たち。五穀村の村人たちにご神体『五穀の恵み』を差し出せと迫る魔夜中は、もともと土地神だった自身が鬼神となった因縁をせつなに語り出す。

 2020年10月より読売テレビ・日本テレビ系にて放送がスタートした『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場キャラクターである殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインにしたオリジナルストーリー。殺生丸の娘で令和の時代に生きる14歳の女子中学生・とわ、妖怪退治をなりわいにしているとわの双子の妹・せつな、賞金稼ぎでかごめと犬夜叉の娘・もろは、“妖怪と人間の血を引く半妖の少女たち”の物語。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ