プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

千葉雄大&高橋ひかる、ニッポン放送を舞台にオンライン演劇 『ANN』55周年企画 演出は佐久間宣行

オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』(C)ニッポン放送の画像

オールナイトニッポン55周年記念公演『あの夜を覚えてる』(C)ニッポン放送

 人気深夜ラジオ『オールナイトニッポン(ANN)』(ニッポン放送)が2022年10月に放送開始55周年を迎えることを記念し、55周年記念公演『あの夜を覚えてる』を2022年3月に上演することが決定した。本公演は“ANN55周年YEAR”を飾る一発目の企画。W主演は、大のラジオ好きである俳優の千葉雄大と高橋ひかる。上演日程は、22年3月20日・27日の2日間で、ニッポン放送の館内を舞台にした生配信のオンライン演劇作品となる。

【写真】主演を務める千葉雄大&高橋ひかる、制作陣ら

 これまで500人以上のパーソナリティーを輩出してきた『ANN』。55周年を記念した本公演のテーマは、番組に関わるパーソナリティー、スタッフ、そしてリスナーの「あの夜」。ラジオ好き俳優2人を迎え、総合演出は水曜の『ANN0(ZERO)』パーソナリティーのテレビプロデューサー・佐久間宣行氏。さらにプロデューサーは同局エンターテインメント開発部の石井玄氏、脚本・演出は岸田國士戯曲賞ノミネートの小御門優一郎氏。制作は大のラジオ好きのストーリーレーベル「ノーミーツ」が手掛ける。また、本公演のメインキャストを募集するオーディションも実施する。

 千葉は「なぜ僕が選ばれたのかわかりませんが、僕が演じる藤尾の気持ちをちょっぴり知っているような気がします。緊張しますが、素敵なみなさんとの共同作業、めちゃくちゃワクワクしてます」と胸を高鳴らせる。

 土曜放送の『オードリーのANN』の“リトルトゥース”(=ヘビーリスナー)でもある高橋は「今回の配信舞台、自分にとって新しい試みでワクワクが止まりません。ドラマとも、舞台とも少し違う臨場感、リアル感ラジオの魅力、完全濃縮です。ラジオを愛する皆さんと、ニッポン放送から最高の舞台をお届けいたします!」と意気込んだ。

 オーディションは一次の書類審査が募集開始(専用サイトから応募)。石井氏は「ニッポン放送の館内を舞台にした生配信の舞台という前代未聞の企画で、正直ぼくたちもどうなっていくのか、まだまだ手探りではあるのですが、ラジオを盛り上げるために、一緒にやりたいと思ってくれる方を募集します!」と呼びかけた。

●キャスト・スタッフコメント

・千葉雄大
なぜ僕が選ばれたのかわかりませんが、
僕が演じる藤尾の気持ちをちょっぴり知っているような気がします。
緊張しますが、素敵なみなさんとの共同作業、めちゃくちゃワクワクしてます。

・高橋ひかる
今回の配信舞台、自分にとって新しい試みでワクワクが止まりません
ドラマとも、舞台とも少し違う
臨場感、リアル感
ラジオの魅力、完全濃縮です
ラジオを愛する皆さんと、ニッポン放送から最高の舞台をお届けいたします!

・佐久間宣行
今回、総合演出を務める佐久間と申します。
仕事でこんなに深く関わるなんて思いもしない頃から、ラジオにはいくつもの夜を支えてもらいました。
楽しい夜、悲しい夜、不安な夜、震災のあった夜…ゲラゲラ笑って学校に行きたくない気持ちを紛らわせてくれたり、先のことを考えて眠れない時には朝までうるさい友人のようだったり。
なのでいまだに僕は、自分をパーソナリティーよりもリスナーだと思っています。
ずっと聞いてきたラジオの魅力を凝縮したような一夜を、素晴らしいキャストとスタッフの皆さんと作りたいです。

・石井玄
前代未聞の企画をノーミーツのメンバーから相談されたのは、2月のことです。
ニッポン放送を舞台にオールナイトニッポンのオンライン演劇をやりたいという話でした。
めちゃめちゃ面白そう!と思って、すぐに準備をはじめたものの、やったことのないことなので、大変です(笑)
ようやく発表することができましたが、まだまだ課題が山積みです。
ニッポン放送社内はもちろん、リスナーのみなさん、パーソナリティの皆さん、スタッフの皆さん、オールナイトニッポンに関わる人みんなの協力が必要です。
ラジオの好きな人なら誰でも参加できます!みんなで作りましょう!!(やることたくさんあるので手伝ってください)

・小御門優一郎
学生時代、友達の家に泊まっていた時、友達は電気を消したあと「聴かせたいものがある」と言って、ラジオを流し始めました。ぼくたちは聴こえてくる声に耳を傾け、たまにフフと笑いながら、いつのまにか眠りに落ちていました。それが、ぼくと深夜ラジオとの出会いです。
今回「オールナイトニッポン55 周年記念公演」として作らせていただくのは、一篇のフィクションです。それでもその中に、ぼくたちリスナーが好きと感じる ラジオの良さ が、たしかに存在する物語にしたいと思っています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ