プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ゆりやん、もはや授賞式はネタ披露の場 “言葉詰まらせギャグ”定着し笑い 大胆黒リップでラグジュアリーに

授賞式の舞台をネタ披露の場に変えてしまっていたゆりやんレトリィバァ (C)ORICON NewS inc.の画像

授賞式の舞台をネタ披露の場に変えてしまっていたゆりやんレトリィバァ (C)ORICON NewS inc.

 お笑いタレントのゆりやんレトリィバァが24日、都内で行われた『GQ MEN OF THE YEAR 2021』の表彰式に出席した。

【動画】何度見ても面白い?鉄板ネタを披露するゆりやんレトリィバァ

 ゆりやんは、大胆な黒リップ姿で登場。「このような非常にありがたい賞をいただけた。1年間、何したのか考えた」と振り返る。そして、「すみません…」と言葉を詰まらせたふりをして、まぶたをひっくり返す授賞式ではテッパンのギャグを発動。こらえきれない報道陣からは笑い声がもれ、授賞式の舞台をネタ披露の場に変えてしまっていた。

 次、挑戦したいことを問われると「好きな納豆の…」と小ボケ。「今年、皆さんのおかげで目標にしていた『R-1』優勝ができた。これからやらせてもらいたいのは、お笑いもそうなんですけど、クリント・イーストウッドさんに憧れているので女クリント・イーストウッドになりたいです」とボケ倒し、そのまま質疑応答が終了するハプニングが発生。ゆりやんは「すみませんでした…」と恐縮したまま、ステージを下りていた。

 同アワードは、ジャンルを問わずその年に圧倒的な活躍を見せた人を称えるアワードで日本での開催が今年で16回目。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ