プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

海洋冒険家・堀江謙一氏、世界最高齢83歳で「単独無寄港太平洋横断」を発表

世界最高齢83歳で「単独無寄港太平洋横断」を発表した海洋冒険家・堀江謙一氏の画像

世界最高齢83歳で「単独無寄港太平洋横断」を発表した海洋冒険家・堀江謙一氏

 海洋冒険家の堀江謙一氏(83)が24日、都内で行われた『堀江謙一 サントリーマーメイドIII号 単独無寄港太平洋横断』発表会に出席。来年3月中旬から6月初旬にかけて、約14年ぶりとなる太平洋横断に挑むことを明らかにした。成功すれば、世界最高齢での達成となる。

【写真】堀江謙一氏と太平洋横断に挑む『サントリーマーメイドIII号』

 堀江氏は、1962年に「マーメイド号」を操り、小型ヨットでは世界初、最年少23歳で太平洋横断を達成し、手記『太平洋ひとりぼっち』は映画化もされた。その後、ソーラボートやリサイクルヨットなど、さまざまな船で太平洋を渡り、68歳となった2008年には、波の力だけを動力とする波浪推進船「サントリーマーメイドII号」でハワイ~紀伊水道間の単独航海を成功させた。

 今回は2008年以来のチャレンジとなる。来年は、堀江氏の初の太平洋横断から60年の節目にあたり、当時の「マーメイド号」と同じ寸法のヨット「サントリーマーメイドIII」で“太平洋ひとりぼっち”の再現に挑戦する。堀江氏は「常に恐怖心はある」と言いながらも、「100歳まで航海を続ける気持ち」と元気いっぱい。健康も万全の様子。

 60年前に到着したサンフランシスコから日本に向かう旅となり、堀江氏はパスポートなしで渡米した当時を懐かしみながら、「60年後にまた同じ太平洋ひとりぼっちをするなんて考えてもいなかった」としみじみ。今回の旅を「人生100年時代になってきて、83歳でもこうして元気におれるわけで、有効に使いたい」と、2年前から準備してきたことを明かした。「応援をよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 27日に広島県で進水式を行い、12月に兵庫県でセーリングテストなどを実施し、来年3月中旬に米サンフランシスコの「ザ・サンフランシスコヨットクラブ」を出港、6月初旬に兵庫県「新西宮ヨットハーバー」に到着を予定する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ