プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『キングスマン:ファースト・エージェント』最新作、主要登場人物5人を紹介

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』(12月24日公開)(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.の画像

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』(12月24日公開)(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織。“キングスマン”の誕生秘話を描く映画『キングスマン:ファースト・エージェント』(12月24日公開)より、キャラクターポスター5種&キングスマンの誕生を支えた重要人物たちを捉えた特別映像とともに、キングスマンの過激な誕生を彩る登場人物たちを紹介する。

【動画】キングスマン初期メンバーのキャラクター特別映像

 映画『キングスマン』(2015年)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(18年)では、キングスマンの一員として極秘任務を遂行していたハリー&エグジーによってその活躍が描かれてきた世界最強のスパイ組織”キングスマン“。彼らはいつ、どうして誕生したのか。

 時は1914年、世界大戦を密かに操る”闇の狂団“が世界を混沌に落としれようと目論む中、人類の危機を救うため立ち上がったのが、英国紳士のオックスフォード公とその息子のコンラッドだった。彼らは人類の存命を懸けて、オックスフォード家の執事でかつて兵士だったショーラや、コンラッドの家庭教師のポリーら仲間と共に”世界大戦を止める“という、史上最大のミッションに挑むこととなる。

 平和を願いスパイ組織を結成する、オックスフォード公(演:レイフ・ファインズ)は、一度は決して人を傷つけないと誓った、平和主義のイギリス名門貴族。愛する息子コンラッドが戦地へ赴こうとすることを強く諫(いさ)めるが、自身は世界大戦を止めるために自らの諜報網や戦闘力を駆使して人知れず闇の狂団と戦う。スパイ組織”キングスマン“の礎を築き、やがて、息子もその世界へ誘うことになる。

 息子のコンラッド(演:ハリス・ディキンソン)は、幼き頃に母を亡くし、父と執事たちに愛情をこめて育てられた。国を憂い、戦地に行くことが自分の使命と信じる正義感にあふれた青年だが、父オックスフォード公は彼を愛するがゆえに反対。そんな父に反発しながらも、共に“キングスマン”への道を歩むことになる。

 オックスフォード家に仕える家庭教師でコンラッドの世話役のポリー(演:ジェマ・アタートン)は、家の主人的な発言力と存在感を放つ。射撃の腕はピカイチでオックスフォード公&コンラッドと共にキングスマンを支える重要な仲間に。

 オックスフォード家に仕える執事ショーラ(演:ジャイモン・フンスー)は、オックスフォード公とは主従の関係にありながらも友情関係にある。かつてアフリカの兵士であったことから、オックスフォード公の右腕としてナイフを武器に果敢に戦う。

 そんな彼らの行く手を阻むのは、歴史上に実在したという不死身の怪僧・ラスプーチン(演:リス・エヴァンス)。闇の狂団からロシアに送り込まれた。人智を超えた戦闘能力&生命力を誇る。ロシア皇帝の家族にまで取り入り、戦争遂行の実権を握るほどの影響力を持つ。

 漆黒の衣装に身を包み、異様な雰囲気を醸し出すラスプーチンVSキングスマンの激戦の先にはどんなクライマックスが待ち構えるのか?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ