プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“審査委員長”町田啓太、テレ東×めちゃコミ大賞作を自ら主演し連ドラ化 来年2月放送開始

ドラマ『僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!』 (C)「僕ドラ」製作委員会の画像

ドラマ『僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!』 (C)「僕ドラ」製作委員会

 テレビ東京と電子コミック配信サービス『めちゃコミック』が開催した漫画化とドラマ化の作品を同時に選ぶ合同プロジェクト『僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!』。漫画家をコンテストで募集し、大賞作品を『めちゃコミック』で連載、テレビ東京でドラマ化するプロジェクトだが、今回、コンテストで選ばれた大賞作品が決定し、ドラマが2022年2月2日より放送されることが24日、発表された。

【動画】必見!町田啓太とオーディションで最終審査まで残った 候補者たちの映像

 ドラマの放送枠は、『東京放置食堂』や『JKからやり直すシルバープラン』など独自の路線で注目を集める「水ドラ25」(毎週深夜1:00~)に決定。また、1月5日からは、選考の過程をドキュメンタリーとして放送する。

 ドラマの主演は、プロジェクトの審査委員長も務め、漫画の主人公であり、ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京)をはじめ数多くの作品で活躍中の町田啓太。

 ドキュメンタリーでは、多数応募のあった漫画家の中から、6組→3組→1組の漫画家に決まるまでの様子や、選ばれた漫画がどのようにドラマ化されていくかの製作過程に密着。審査委員長である町田も、多忙なスケジュールの合間を縫って、応募者とのリモート面談・プレゼンテーションやスタッフとの選考会議に参加しており、真剣に応募者と向き合う様子を見ることができる。

 数多ある漫画の中から、どのように一つの漫画が選ばれドラマ化されていくのか、通常では見られない漫画制作、ドラマ制作の裏側を描いた密着ドキュメンタリーも見どころ。町田は「漫画には幼少のころから多大なる影響を受けてきているひとりなので、自分を主人公に漫画を描いてもらえるかもしれない、しかもそれを演じられるなんて…幸せでしかありません」と喜ぶ。

 「全員で悩みに悩み抜いて満場一致でドラマ化する漫画を選ばせていただきました。この漫画を大切にお預かりして、ドラマならではの絶対に面白い作品にしていきます。もうすぐ撮影が始まりますが、スタッフのみなさんに甘えながら出来る限りの準備をして思いっきり挑みます。撮影では、たくさんの新しい『気付き」が生まれるように視野を広く楽しめたらと思っています。皆様、僕たちの挑戦をぜひ楽しみにしていてください。そして絶対観てください」と呼びかけた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ