プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『中村屋ファミリー』ドキュメンタリー、国際エミー賞で大健闘 新作はクリスマス・イブ放送

『中村屋ファミリー2020 待ってました!勘九郎 七之助 試練と喝采の幕開けスペシャル』より(C)フジテレビの画像

『中村屋ファミリー2020 待ってました!勘九郎 七之助 試練と喝采の幕開けスペシャル』より(C)フジテレビ

 テレビ界のアカデミー賞と呼ばれる「エミー賞」の国際版「第49回国際エミー賞」の授賞式が現地時間22日(日本時間23日)、米ニューヨークで行われ、日本から唯一ノミネートされていたフジテレビ『中村屋ファミリー2020 待ってました!勘九郎 七之助 試練と喝采の幕開けスペシャル』(2020年12月18日放送)は、芸術番組部門で惜しくも受賞を逃したたが、栄誉をたたえてメダルが贈られた。

【写真】『中村屋ファミリー』新作はクリスマスイブに放送

 同番組は、世界中で新型コロナウイルス感染が拡大した2020年、400年以上にわたる歌舞伎の伝統を受け継ぐ名門・中村屋を背負う六代目・中村勘九郎が、「エンターテインメントは今、必要とされていないのか?」と自問自答しながらも挑戦を続け、舞台をつくりあげる姿を追ったドキュメンタリー。

 フジテレビは、30年以上にわたり中村屋一門を追い続けており、これまで地上波だけで20本のスペシャル番組を放送、2007年には日本民間放送連盟賞テレビ教養番組部門・優秀賞を受賞、13年には映画化もされた。コロナでエンターテインメント業界が危機に陥った昨年も、中村屋一門の協力を得て感染対策を重ねながら歌舞伎界の奮闘を撮影、長期密着の放送をつないだ。

 また、同番組はアジアの国際テレビ賞「AAA(アジアン・アカデミー・クリエイティブ・アワード)」のドキュメンタリー部門・日本代表作品にも選出され、12月2日にシンガポールで行われる授賞式で各国代表作品の中から最高賞が発表される。

 今回の「国際エミー賞」ノミネートを記念して、昨年放送の同番組があす24日より12月24日まで「TVer」と「FOD」で1ヶ月間無料配信され、中村屋の密着ドキュメントを配信するのは初めてとなる。さらに、シリーズ最新作『密着!中村屋ファミリー 父から子へ…受け継がれる「連獅子」 涙の猛稽古SP』が、クリスマスイブの12月24日午後9時から放送されることが決まった。

 2021年、さらなるコロナ感染拡大に苦しみながらも、伝統を父から子へと継承される瞬間を捉えた史上最年少の親子『連獅子』や、コロナ禍でエンターテインメントを求める観客に応え実現させ若者たちの喝采を浴びた「コクーン歌舞伎」など、ファミリーが一丸となってまい進する中村屋一門の1年を追う。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ