プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』、閉園前の「としまえん」で撮影した本編&メイキング映像

閉園前のとしまえんで撮影されたデートシーン=映画『恋する寄生虫』(公開中) (C)2021「恋する寄生虫」製作委員会の画像

閉園前のとしまえんで撮影されたデートシーン=映画『恋する寄生虫』(公開中) (C)2021「恋する寄生虫」製作委員会

 作家・三秋縋の小説を原案に、林遣都と小松菜奈がダブル主演する映画『恋する寄生虫』(公開中)より、絶叫マシンを怖がる小松と笑顔の林…、2020年8月末をもって、94年の歴史に幕を下ろした遊園地「としまえん」で撮影されたデートシーンの本編映像と和やかな撮影舞台裏を映したメイキング映像が解禁となった。

【動画】遊園地デートの本編&メイキング映像

 本作は、極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずに孤独に生きる青年・高坂賢吾(林)と、寄生虫が好きで、視線恐怖症に苦しむ不登校の女子高生・佐薙(さなぎ)ひじり(小松)の儚い恋物語。

 極度の潔癖症の高坂と視線恐怖症を抱える佐薙は、一緒に過ごすことで症状が和らぐことに気付き、リハビリのためにデートをすることに。遊園地を訪れた二人は、高坂が絶叫マシンに怯え、佐薙が余裕の表情で楽しむ…というシーン。

 実際には小松が絶叫マシンを大の苦手としていた。撮影の待機中、無邪気に楽しむ子どもたちの叫び声を聞いて「キャーキャー言ってるじゃないですか…」と怖気づき、いざ順番になると「怖いよ~、嫌だよ~、せりふ言えないよ~」と不安の言葉が止まらない小松。マシンが動き始める前に監督の説明を聞く姿にも緊張の色が見え、意を決して撮影に挑む姿を見ることができる。その隣で楽しそうな笑顔を浮かべる林の姿が対照的だ。ゴーカートでは体に対してやや短めのシートベルトに苦戦する林の姿、そしてエキストラの子どもたちに交じり、楽しそうに乗り回す小松と林の姿が確認できる。

 小松は遊園地での撮影についてインタビューで「本当は絶叫マシンに乗りながらせりふを言わなきゃいけなかったのですが、もうそれどころではなくて話せなくなってしまいました。なので何度もマシンに乗ることになってしまったのですが、最初は平気と言っていた遣都さんも途中で気分が悪くなってしまったんです。『私のせいで何度も乗ることになってごめんなさい』と謝ったら『いや、全然大丈夫』っておっしゃってくれたんですけど、大丈夫って言う顔がもう真っ青で(笑)。本当に優しい方だなぁと思いました」とエピソードを語っている。

 普段はクールで物静かなイメージのある林と小松だが、遊園地ではそれぞれの感情が表に出た和やかな撮影であったことがうかがえる映像となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ