プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

北村匠海、自身の思い出ともリンク 映画『明け方の若者たち』ポスター&場面写真解禁

北村匠海主演映画『明け方の若者たち』(12月31日公開)(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会の画像

北村匠海主演映画『明け方の若者たち』(12月31日公開)(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

 俳優・歌手の北村匠海が主演する映画『明け方の若者たち』(12月31日公開)より、明け方にマジックアワーのようなひと時を過ごす瞬間を捉えたポスタービジュアルと、ロケ地めぐりをしたくなる<僕>と<彼女>が過ごす場面写真が解禁となった。

【写真】ロケ地めぐりの参考にもなる場面写真

 ポスタービジュアルでは、<僕>(北村)、<彼女>(黒島結菜)、<尚人>(井上祐貴)の3人が“明け方”まで飲んで語り明かしマジックアワーのようなひと時を過ごす、まさにこの映画を象徴した一コマを切り取った写真を使用。

 実はこのシーンの撮影は実際に明け方に撮影しているという。松本花奈監督は「明け方に撮影するシーンは、時間との戦いでした。30分くらいでどんどん日が昇ってきて、雰囲気が変わってしまうんです。少ないテイクで決めないといけないので、みんなで事前にリハーサルをして、撮り方もしっかり決めて本番に臨みました。大変ではありましたが、ちょっと部活っぽくて楽しかったですね」と、振り返っている。

 劇中には東京のさまざまな場所が登場するが、先日行われたプレミア上映会舞台あいさつで北村は「(原作者の)カツセさんに自分の人生を覗かれていたのではないかと思うくらい、出てくる場所が自分の過去の思い出に寄り添っていて、下北沢やいろんな場所が出てくるんですけど、実は僕自身の思い出が詰まっている場所で」と明かしていた。

 北村自身が“マジックアワー”を過ごした場所にも重なる明大前の「くじら公園(玉川上水公園)」や下北沢の「餃子の王将」、「ヴィレッジヴァンガード」、高円寺の「純情商店街」などで撮影したシーンの場面写真も解禁となった。

 同映画は、Twitterでの”妄想ツイート”が話題となり、140字で人々を魅了し続けたウェブライター、カツセマサヒコ氏の青春恋愛小説が原作。<僕>(北村)が<彼女>(黒島結菜)と過ごした“沼のような5年間”を描く。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ