プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

トレンド

セブンイレブン、ネット注文された商品の“ドローン配送”サービス実証を実施

イメージ図の画像

イメージ図

 セブン‐イレブンは、有人地帯での目視外飛行に向けた法改正を見据え、人口集中地区を含む郊外において「セブン-イレブンネットコンビニ」の仕組みを活用して注文された商品のドローン配送サービス実証を実施する。

【画像】セブン‐イレブンにて実施されるドローン配送サービス実証の対象地域

 同社は、ANA ホールディングスおよびACSLとともに、「セブン‐イレブンネットコンビニ」の仕組みを活用して注文された商品をドローンで即時配送するサービス実証を行うことを発表した。セブン‐イレブン日の出大久野店に設置したドローン離発着場から、日の出町内(日の出団地2号公園、日の出団地3号公園、肝要の里、大久野病院)に設置した配送先4 地点に配送する。

 ドローンの上空飛行に係るLTE ネットワークについては、NTT ドコモが提供しており、本実証は、東京都の「ドローンを活用した物流サービス等のビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に採択され、実施する。本実証は、配送対象者より配送料を受け取るとともに、既存店舗の駐車場を活用した発着場からのドローン離発着、セブン‐イレブンの店員によるドローンへの荷物搭載の実施など、今後のサービス本格運用を想定した形式で行う。

 実証実験期間は、11月29日から12月19日までの9時~16時で、サービス提供は12月3日より開始予定。配送物はセブン‐イレブン日の出大久野店取扱い商品(一部対象外品あり)で、配送料は税込110円。

 「セブン‐イレブンネットコンビニ」では、これまでスマートフォンから注文後、最短30分で指定の場所に配達するサービスを提供してきた。今回、一部人口集中地区を含む郊外エリアでの日用品ドローン配送の実証を行い、さらなる利便化を目指す。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ