プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

朝倉未来『1000万企画』他の挑戦者候補も「本気でやったら相手にならない」“にわかファン”に忠告

朝倉未来(C)Abema TV Inc.の画像

朝倉未来(C)Abema TV Inc.

 格闘家の朝倉未来選手(29)が22日、自身のツイッターを更新。20日放送されたABEMA『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』で、対戦相手について意見してくる“にわかファン”に忠告した。

【番組写真】ストリートファイトで圧倒的な強さを見せた朝倉未来

 同番組で朝倉は、“喧嘩ルール”で3人と対戦。“会津伝説の喧嘩屋”久保田覚、後藤真希の弟で元タレントの後藤祐樹、Bigbangウェルター級現役王者キックボクサーのモハン・ドラゴンを相手に圧倒的な強さを見せつけ、合計96秒で3連勝をおさめた。

 しかし、今回のオーディションにこの3人以外にも、総合格闘技でポーランド2位だったというホイナツキ・パヴェウ、元ラグビー選手の寺田幸司、元プロレスラーの友寄志郎なども参加していた動画も公開され、一部ファンからはこういった選手を選ばなかったことに対して批判的な意見も上がっていた。

 朝倉はこういった声に対して「街の喧嘩自慢で手加減しすぎて勘違いさせてしまったのが原因かな ポーランドとかラグビーとかにわかが言ってるから言っとく。まあまあ強いだろうけど本気でやったら相手にはならない」と一蹴した。

 なお、朝倉は試合翌日に更新したYouTubeで、3人の対戦相手に対して「逆の立場だったらすごいことだと思うよ」「みんないい人なんだと思うけどね。ホントのワルはこんな1対1のところに出てくるほどカッコよくないですよ」と勇気を称賛。自身のYouTube企画へ出演も呼びかけた。

 なお、4人目の対戦相手として発表されながら、当日に負傷のため出場をキャンセルした元KAT-TUN田中聖については「逃げたっぽいすね。でも賢明な判断だと思うし、それもまたリアルじゃないかな」と語った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ