プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『アバランチ』第6話あらすじ 羽生(綾野剛)がテロ事件の容疑者で指名手配される

『アバランチ』第6話カット(C)カンテレの画像

『アバランチ』第6話カット(C)カンテレ

 俳優・綾野剛が主演するカンテレ・フジテレビ系“月10”ドラマ『アバランチ』(毎週月曜 後10:00)の第6話が、22日に放送される。

【動画】『アバランチ』第5話予告映像

 3年前、多くの犠牲者を出した偽装テロ事件を足掛かりに、権力の階段を上っていく大山(渡部篤郎)。大きな野望を胸に秘めた大山が画策する“次なる最悪の一手”を防ぐため、羽生(綾野)たちはキーマンである元公安部長の戸倉(手塚とおる)への接触を図る。しかし、これまで情報収集に徹していた大山も、ついにアバランチに対して反撃に出て…。

 そしてある日、日本列島に緊急ニュースが流れ込む。アナウンサーが報じたその内容は、「警視庁が、アバランチのメンバー・羽生誠一容疑者をテロ事件の容疑者として全国に特別指名手配」。羽生の身に一体何が。ついに、アバランチと大山の正義がぶつかり合う壮絶な戦いの幕が開く。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ