プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

JO1、初の有観客ライブ終えて感涙 豆原一成の思いに河野純喜が号泣【全員コメントあり】

『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』を開催したJO1(C)LAPONE ENTERTAINMENTの画像

『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』を開催したJO1(C)LAPONE ENTERTAINMENT

 11人グローバルボーイズグループ・JO1が21日、千葉・幕張メッセでデビュー後初となる有観客ライブ『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』を開催。19、20、21日の3日間全5公演を実施し、1公演あたりの観客は9000人で4万5000人を動員した。

【ライブ写真】幕張メッセを満員のファンで埋め尽くしたJO1

 JO1は、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で、番組視聴者である”国民プロデューサー”の投票により選ばれた豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨によるグローバルボーイズグループ(療養中の金城はライブ不参加)。

 『OPEN THE DOOR』には、「未知の世界の扉を開き、新しい冒険へ出発する」をテーマに、未知の世界のドアを開けてJAM(JO1ファンの呼称)と対面することになる瞬間への期待が込められている。5thシングル「WANDERING」に収録される音源未解禁の新曲「NEVER ENDING STORY」や、同表題曲の「僕らの季節」など18曲を披露。持ち味といえる圧倒的なのパフォーマンス力で初の有観客ライブを無事に完走した。

■メンバーコメント
【川尻蓮】まずはJAMの皆さん、きょうは集まってくれて本当にありがとうございます。楽しかった? 僕らもマジで楽しかった。2時間、20曲ちょっとぐらいのライブというものを、ちゃんとJO1として皆さんの前でやるのは初めて。不安なことや難しいこと、いろんな問題もたくさんありました。でも、JAMの皆さんに会いたい一心で、その壁を全部、超えました。これからも、いろんな壁が僕らJO1の前にも、JAMの皆さん一人ひとりの前にも出てくると思う。僕らにはJAMがついているし、JAMには僕らがついているから絶対に大丈夫だと思っています。まだ先の見えない世の中。こうやってライブできたのも奇跡みたいなこと。どうなるかわからないけど、このみんななら大丈夫でしょ、これからも僕らのことを信じてください。僕らもJAMの皆さんの力を信じます。きょうは、ありがとうございました。大好きです。きょうは1日ありがとうございました。

【木全翔也】『OPEN THE DOOR』をやるまで本当に長かった。2年ぐらいみんなに会えていなかった。それでも、ずっとSNSの共有だったり、テレビとかYouTubeとか、直接会えない形で応援してくれた。きょうまで、すごく長かったですけど、ライブをやってみたらあっという間。まだ終わりたくないなっていう気持ちでいっぱい。また、こういった機会をやれたらなと思います。皆さん、楽しめましたか? (大きな拍手)。ありがとうございます。じゃあ、またね。

【大平祥生】本当に幸せな時間でした。きょう、やっと来たなという感じです。ずっと夢に描いていたちゃんとしたライブができました。それに僕たちのこと大好きでいてくれる、みんなもいる。きょうのためにスローガンだったり、いろいろやってくれたと思うと幸せな気持ちでいっぱい。もっともっとJO1とJAMなら上に行けると思う。これが終わりじゃない。始まり。次は碧海も入れてもっともっと大きいステージで会いましょう。ありがとうございました。

【豆原一成】きょうは来てくださって、ありがとうございました。ステキなステージに立っていること、本当にうれしいなと思います。小さいころ、家でめちゃくちゃ踊っていたら、お母さんから「あんた、それ誰に見せるの?」と言われたことがありました。その時からステージに立ちたいな思いながら、好きなダンスをずっとやってきた。(涙)。こんなステージに立てて、本当にうれしいなと思います。これも全てJAMの皆さんがいたから実現できたことだと思います。ここにはステキな仲間がいます。大切な仲間と、一緒にこのステージをできて本当にうれしかったです。本当にありがとうございました。楽しかったです。

【川西拓実】(大号泣した河野がスクリーンに映し出され)心配が勝つ…。大きなステージでパフォーマンスできて本当に幸せ。本当に、とても幸せな時間です。本当に、これから僕たちもJAMの皆さんも、どういう人生を終えるかはわからない。わからないですけど、僕たちJO1が皆さんを幸せにできるように、これから頑張っていきます。きょうは、本当にありがとうございました。

【河野純喜】いやぁ…。ありがとう、ほんま。いろんなことがあって…。俺も、ちょっと話していいですか? 小学校のころ、Tくんという友だちがいた。小学校のころはバカだったんです。Tくんはすごく賢くて、オール5だったんですけど音楽だけ3。僕は音楽は5。Tくんは、お母さんに音楽が3だったことを怒られたらしい。Tくんは、なんで純喜が5なのか聞いてこいと言われて、来た。俺はまったく覚えてなかったけど、お母さんから最近そのことを聞いて「楽しく歌ったら5が取れる」と言ったらしいです。本当に楽しく歌わせていただいて…。本当に楽しく歌っててよかったなと思いました。イケてるかな、これで…。ホンマにありがとう!

【佐藤景瑚】まず1つ。愛してます。そして、メンバーのみんな、JAMの皆さん、(関係者名省略)、ここまで、ありがとうございます。僕は、ここまでつらかった。練習がつらくて嫌いでした。でも、本当にJAMに会いたいし、ステージでみんなとパフォーマンスがしたい。やりたいことのためなら、嫌なことだってできる。(涙を流し)つらかったんですけど、メンバーとJAMのみんなが支えてくれたらから頑張りました。みんなが支えてくれたから頑張れた。ありがとう。これからもよろしく。大好き。

【與那城奨】きょうは来てくださって、ありがとうございます! 配信をご覧の皆さんも楽しめましたか? この景色を見るために僕たちは今まで頑張ってきました。直接、JAMのみんなに会えなかったけど、こうやってやっと現実として会えて幸せです。「JAMの皆さんの恩返し」と常々言ってきました。恩返しの1つがこれです。でも、まだ1つしか恩返しができていない。これから、もっともっとたくさんの恩返しをしたいと思います。なので、JAMのみんな、ついて来てくれるかな? きょうという日を忘れないでください。ありがとうございました。

【白岩瑠姫】きょうもきのうも、ずっと朝に現場入りする前から、寒い中、みんな並んでくれていた。こうやって集まってくれた。僕ら11人の力ではステージに立てなかった。11人になれたのも、全て皆さんのおかげ。なのに2年間、会えなかったの本当につらかったです。声が出せないよりも、会えない方がつらかった。練習つらいより、ステージに立てないことの方がつらい。本当は全国を回ったり、11人全員でステージに立ったりしたいんですけど、今、僕たちが出せる全力は出し切ったと思います。そして、この『OPEN THE DOOR』がJO1とJAMにとっての「Prologue」になると思っています。同じメンバーとライブすることは2度とないからこそ、1公演、1公演、全力でやらせていただきました。足を運んでくれて、寒い中、待ってくれて、元気をくれて、ありがとう。配信を見てくれる方も支えてくれてありがとう。また、すぐ会えます。約束します。皆さんのことが大好きです。以上。ありがとうございました。

【鶴房汐恩】「以上、JO1でした」かと思いました(笑)。高1の時に、あるアーティストさんのライブに母親と行って「あそこに立ちたい」って言ったのが始まり。そこからオーディションもいろいろ受けて落ちた。夜中に父親の仕事場を開けてもらって妹と一緒にダンスしていた。今、見たら笑うぐらいのダンスなんですけど、その時からやっていた。高校も3年生の頭に中退して韓国に行った。夢のためなら、なんでもしたろと思って、死ぬ気でいろいろやってきた。死にたいと何回も思いましたけど、そこで夢をかなえたい気持ちが強くてふんばって『PRODUCE 101 JAPAN』を受けて、ここまで来た。個性が強い、アホが多い、でもホンマに最高のマジでいいヤツらしかいない11人で2年間、頑張ってきて夢のステージに立った。JAMのみんなと目も合わせることができた。宇宙からやってきてよかった。何が言いたいのかと言うと、メンバー、スタッフ、マネージャー、JAM、家族、親友、愛してます。以上です。本当にありがとうございました。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ