プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

JO1佐藤景瑚、ペンライトの遠隔操作で痛恨のミス 呪文唱えるも語尾間違え“エクスペクトパトロール”に

『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』を開催したJO1(C)LAPONE ENTERTAINMENTの画像

『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』を開催したJO1(C)LAPONE ENTERTAINMENT

 11人グローバルボーイズグループ・JO1が21日、千葉・幕張メッセでデビュー後初となる有観客ライブ『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』を開催。19、20、21日の3日間全5公演を実施し、1公演あたりの観客は9000人で4万5000人を動員した。

【ライブ写真】幕張メッセを満員のファンで埋め尽くしたJO1

 JO1は、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101JAPAN』で、番組視聴者である”国民プロデューサー”の投票により選ばれた豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨によるグローバルボーイズグループ(療養中の金城はライブ不参加)。

 初の有観客で行われたライブで、ペンライトも日の目を見ることに。「きれい~」と会場を染め上げるライトにメンバーたちは感慨深げだった。また、遠隔操作で自動で色が変わる機能を満喫するために、それぞれ掛け声を言うことに。自信満々に佐藤は「エクスペクトパトロール」と『ハリー・ポッター』に出てくる呪文を唱えた。しかし、正しくは「エクスペクトパトローナム」のため、メンバーたちから「パトロール?」「何を言ってる?」とツッコまれ、笑いを巻き起こしていた。

 『OPEN THE DOOR』には、「未知の世界の扉を開き、新しい冒険へ出発する」をテーマに、未知の世界のドアを開けてJAM(JO1ファンの呼称)と対面することになる瞬間への期待が込められている。5thシングル「WANDERING」に収録される音源未解禁の新曲「NEVER ENDING STORY」や、同表題曲の「僕らの季節」など18曲を披露。持ち味といえる圧倒的なのパフォーマンス力で初の有観客ライブを無事に完走した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ