プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『仮面ライダーBLACK SUN』ティザービジュアル解禁 怪人らしさを感じるデザインに一新

『仮面ライダーBLACK SUN』(2022年春スタート予定)のティザービジュアル(C)石森プロ・ADK EM・東映の画像

『仮面ライダーBLACK SUN』(2022年春スタート予定)のティザービジュアル(C)石森プロ・ADK EM・東映

 『仮面ライダー』生誕50周年を記念し、シリーズの中でも金字塔作品と言える『仮面ライダーBLACK』を、名匠・白石和彌監督の指揮で新たに制作する『仮面ライダーBLACK SUN』(2022年春スタート予定)。『TAMASHII NATION ONLINE 2021』内の配信番組で、本作のダブル主演となる仮面ライダーBLACK SUN(以下「ブラックサン」)役に西島秀俊、仮面ライダーSHADOWMOON(以下「シャドームーン」)役に中村倫也を起用したことが発表され、2人からのコメント映像を公開した。また、ブラックサンを描いたティザービジュアル及びバトルホッパーの実機も披露された。

【写真】『仮面ライダーBLACK SUN』(2022年春スタート予定)に登場するバトルホッパー

 仮面ライダー生誕50周年を記念して、歴代仮面ライダーシリーズの中でも『仮面ライダー』(1971~1973年放送)への原点回帰をコンセプトとし、過酷な運命を背負った主人公の悲哀に満ちたストーリーが魅力的な人気作『仮面ライダーBLACK』を30年以上の時を経て新たに配信番組としてリメイク。『凶悪』や『孤狼の血LEVEL2』などの大ヒット作品を数多く手掛けてきた白石監督が、1987年放送の『仮面ライダーBLACK』を新しい視点で描く。

 ティザービジュアルのブラックサンのデザインは、オリジナル作品『仮面ライダーBLACK』から一新され、仮面ライダーでありながらも怪人らしさを感じる、ダークヒーローとしてのスタイリッシュな佇まいが印象的となっている。

 ブラックサンの愛機・バトルホッパーの実機もお披露目。フロントカウルに配置されたライダーの頭部が目を引くデザインは、東京都練馬区のバイクショップ・Cherry’s Companyがカスタムを手がけた。3Dプリンタなどを使用せず、金属板を叩いて制作されたこだわりの一機となる。公開された写真は制作中で、完成した実機は12月5日に開催予定の『Yokohama Hot Rod Custom Show 2021』で展示予定となる。

 主演情報は、コンセプトビジュアル担当の樋口真嗣氏、特撮監督の田口清隆氏、プロデューサーの白倉伸一郎氏が出演する『仮面ライダーBLACK SUN キャラクターデザイン発表特別配信番組』で発表。今回の情報解禁と同時に、公式サイトにて白石監督・樋口氏・田口氏が本作のキャラクターデザインや怪人たちの思い出を語ったインタビュー映像のロングバージョンを公開した。

■『仮面ライダーBLACK』オリジナル作品情報
 創世王が率いる暗黒結社「ゴルゴム」。その次期創世王候補=世紀王として選ばれたのは、南光太郎とその親友・秋月信彦であった。世紀王「ブラックサン」へと改造された光太郎は、脳改造を受ける寸前に脱出を果たし、ゴルゴムと戦うことを決意。襲い掛かる数々の怪人。そして、ゴルゴムの戦士「シャドームーン」として立ちはだかる信彦。光太郎は正義の使者「仮面ライダーB LACK」を名乗り、ゴルゴムの陰謀を打ち砕く!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ