プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ミラベルと魔法だらけの家』日本版エンドソングはナオト・インティライミ

ディズニー・アニメーション『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)日本版エンドソングはナオト・インティライミが担当 (C) 2021 Disney. All Rights Reserved.の画像

ディズニー・アニメーション『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)日本版エンドソングはナオト・インティライミが担当 (C) 2021 Disney. All Rights Reserved.

 ディズニー長編アニメーション60作目を飾る新作ミュージカル・ファンタジー『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)の日本版エンドソングアーティストに、シンガーソングライターのナオト・インティライミが決定した。「ディズニーの曲を歌いたい、というのは夢のひとつだった」というナオト。さらに、本編にも声優として参加し、吹替デビューも飾っている。

【動画】斎藤瑠希が歌う「奇跡を夢みて」MV(60秒)

 ナオトは、Naoto名義で2019年に世界三大レーベルのひとつでもある「ユニバーサルミュージック ラテン」から世界デビューをするなど、ラテンシーンでも活躍し、コロンビアとの関わりも深い。自身の音楽との出会いを映画化した『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』(2012年)では、デビュー前の世界旅行以来にコロンビアを再訪。『ミラベルと魔法だらけの家』にも参加している現地のアーティストとも交流がある。南米コロンビアの奥地が舞台とした本作の日本版エンドソングアーティストに、まさになるべくしてなったといえる。

 オファーを受けたときの心境を「本当に僕ですか?と。それくらい耳を疑いました」と自身も信じられなかったと振り返る。「世界中の人々に愛されているディズニーの作品に音楽で参加させていただけることをものすごく光栄に思いましたし、夢がひとつ叶ったなって。いつか日本武道館でやりたいとか、『紅白歌合戦』に出たいとか、それと同じく『ディズニーの曲を歌いたい』というのは夢のひとつだったんです」と、秘めていた思いを打ち明けていた。

 彼が歌うのは、本作の日本版エンドソング「マリーポーサ ~羽ばたく未来へ~」。トニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞し、本作の楽曲制作を務めるリン=マニュエル・ミランダによるこん身の一曲だ。本楽曲は一人だけ魔法を持たないミラベルが、ある日突然迫った家族の危機を救うために立ち上がる中、家族を守りたい一心で奮闘するミラベル、そして観客の私たちの心にも明かりを灯してくれるような、切なくも胸に染みる珠玉のバラード。

 日本語の歌詞も担当したナオトは「ミラベルと家族たちの秘密が明かされる重要な場面で流れる劇中歌『2匹のオルギータス』をカバーしたものなんです」と明かし、オリジナル版を歌うコロンビアの人気アーティスト、セバスチャン・ヤトラやもう一つのエンドソングである「愛するコロンビア」を歌うカルロス・ビベスら、尊敬しているアーティストと肩を並べることに、「本当に光栄なことですし、死ぬ気で今回の楽曲を作らせていただきました」と話している。

 本編で吹替を担当したキャラクターは、帽子を被っており、「顔の作りも近い」と本人も認めているルックス。見逃さないように要チェックだ。なお、ナオト・インティライミが歌う「マリーポーサ~羽ばたく未来へ~」は近日公開予定となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ