プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

竹達彩奈、日向坂46・丹生明里の“愛”に笑顔「こっち側ですね(笑)」

『劇場版DEEMO サクラノオト-あなたの奏でた音が、今も響く-』スペシャル生配信より(C)2021 Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会の画像

『劇場版DEEMO サクラノオト-あなたの奏でた音が、今も響く-』スペシャル生配信より(C)2021 Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

 声優の竹達彩奈と日向坂46の丹生明里が、19日に行われた『劇場版DEEMO サクラノオト-あなたの奏でた音が、今も響く-』(2022年2月25日公開)スペシャル生配信に出演した。

【別カット】肩掛けジャケット&ノースリから二の腕ちらりな丹生明里

 本作は、全世界2800万ダウンロードの人気音楽ゲーム「DEEMO」をフル3DCGでアニメ化。アリス役を竹達、仮面の少女役を丹生が演じるほか、鬼頭明里、佐倉綾音、濱田岳、渡辺直美、イッセー尾形、松下洸平、山寺宏一ら豪華キャストが出演する。

 アフレコ収録は、キャストごとに行われたため、竹達と丹生は今回が初対面。アニメ好きの丹生にとって、竹達が“憧れ”の存在で「某アニメの姉妹(『五等分の花嫁』、あと『けいおん!』の「ふわふわ時間」も大好きで、カラオケで歌ったりします!」と愛を語ると、竹達も「“こっち側”ですね(笑)」と、うれしそうな笑顔を見せた。

 また、劇場長編アニメの声優初挑戦となる丹生は「共演陣の方も超豪華で、この中に私が入っていいのか? と緊張しました」と話すも、完成した作品を見て「(自分の名前が出てくる)エンディングで感動しすぎて泣いちゃいました」と明かした。

 ファンに向けて丹生は「初めての劇場版アニメのアフレコが『DEEMO』で本当によかったと心から思えたすてきな作品なので、たくさん楽しんでいただきたいです」と呼びかけ、竹達は「何て言ったらいいかわからないくらい、魅力が詰まった作品になっています。さまざまなプロフェッショナルの方たちが、心を込めて作った、楽しんでいただける作品になっています」とアピールした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ