プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

川口春奈、透け感ドレスで二の腕ちらり 薬丸翔とのシーンでリアルにイラっ?

映画『聖地X』公開記念舞台あいさつに参加した川口春奈 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『聖地X』公開記念舞台あいさつに参加した川口春奈 (C)ORICON NewS inc.

 女優の川口春奈、俳優の岡田将生、薬丸翔が20日、都内で行われた映画『聖地X』の公開記念舞台あいさつに参加した。

【写真】岡田将生らと楽しそうに“鏡割り”する川口春奈

 川口は、透け感のあるドレスで二の腕ちらりな衣装で登場。入江悠監督は「川口さんとはキャラクターの話を、あまりしていない。ほとんど丸投げのような形でやってもらった」と明かすと「川口さんは、わりと目の前で起きていることに振り回される役。それが本当に出てくる。薬丸くんに腕をガッとつかまれるシーンは本当にムッとした顔をしていた」と撮影を振り返った。

 川口は「リアルにね」とにやりとし、薬丸は「あとで怒られました…」と自白。川口は「薬丸さんにやられたら、そりゃムカつきますよ(笑)。岡田さんにならいいんですけどね」といたずらっぽく話し、岡田は「やった」と笑顔。過去に共演歴があり、仲のいい3人だからこそのトークで盛り上がっていた。

 同作は『犬鳴村』(20年)『樹海村』(21年)のプロデュースチームが企画し、オール韓国ロケで挑んだエクストリームホラー。巨木と古井戸がつかさどる呪われた地、一度足を踏み入れた者は精神に異常をきたし、常軌を逃した悪夢に取り憑かれ、こつ然と姿を消すという。人をそこは“聖地X”と呼ぶ…。

 父親が遺した別荘のある韓国にわたり悠々自適の引きこもりライフを満喫する、小説家希望の輝夫(岡田将生)は、結婚生活に愛想をつかし転がり込んできた妹・要(川口春奈)とともに 聖地Xの惨劇に巻き込まれていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ