プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

西野七瀬、狂気的な笑顔 『言霊荘』第7話で言霊の呪いがコトハに迫る

『言霊荘』第7話より (C)テレビ朝日の画像

『言霊荘』第7話より (C)テレビ朝日

 女優・西野七瀬主演のテレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』(毎週土曜 後11:00~11:30)第7話が、きょう20日に放送される。

【場面写真】一体何が…表情を変えるコトハ(西野七瀬)

 第6話では、封印が解かれてしまったことで、再び暴れ出した言霊の呪い。さらなる狂気を見せ、1号室に新たに入居した女子大生の城崎雪乃(秋田汐梨)が死を迎える展開で幕を閉じた。言霊の呪いを操る呪縛霊と再び対峙するために、アパートで過去に何が起きたのか、呪縛霊は何者なのか知る必要があるという岩戸志麻=トシマ(斉藤由貴)の指示で、歌川言葉=コトハ(西野)と中目零至=レイシ(永山絢斗)はこれまで沈黙を貫いてきたアパートのオーナー・葉鳥久(佐野史郎)に会いに行くことに。

 ところが、葉鳥は「昔のことは覚えていない」と言うだけで何も語らない。明らかに何かを隠している様子で。いろいろ調べ始めたコトハは、6号室の編集者・渡邊瞳(内田理央)がアパートの過去の一端を知っていたことを突き止める。瞳から語られたのは、25年前にアパートの管理人室で当時1号室に住んでいた人気女流作家・夏目三葉(藤井美菜)が殺害されていたという事実だった。三葉はなぜ、そして誰に殺されたのか、そして呪縛霊の正体は三葉なのか。さらに、ある場所で葉鳥と会ったレイシは、ある事実を聞かされることになる。葉鳥の口から語られることとは。

 第7話では、言霊の呪いがコトハに迫り、コトハの身に次々と危険が襲いかかる。アパートの過去を調べていたコトハが、突然、原因不明の病魔に侵されてしまい、症状は悪化するばかり。見舞いに来たレイシの前でコトハに異変が起き、とある行動を見せることになる。一体コトハの身に何が。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ