プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

MIYAVI、声の出演&楽曲提供のW参戦『アーケイン』インタビュー動画到着

Netflixオリジナルアニメシリーズ『Arcane(アーケイン)』声の出演&楽曲提供で参加したMIYAVI (C)2021 Riot Games, Inc.の画像

Netflixオリジナルアニメシリーズ『Arcane(アーケイン)』声の出演&楽曲提供で参加したMIYAVI (C)2021 Riot Games, Inc.

 オンラインゲーム 「リーグ・オブ・レジェンド(通称:LoL)」 から生まれたオリジナルアニメシリーズ『Arcane(アーケイン)』(Netflixにて配信中、エピソード7~9は20日午後5時スタート)で、声の出演と楽曲提供で参加したMIYAVIの特別インタビュー映像が解禁となった。

【動画】ゲーム発・最新鋭アニメの無限の可能性を語るMIYAVI

 『Arcane』は、豊かで魔法技術が進歩した地上都市「ピルトーヴァー」と、暴力が支配する地下都市「ゾウン」、二つの都市の対立によって、離れ離れになり生きるふたりの姉妹を描いた物語。

 自身が「リーグ・オブ・レジェンド」、同じくRiot Games(ライアットゲームズ)の人気ゲームタイトル「VALORANT(ヴァロラント)」のプレイヤーであった縁からオファーを受け、快諾したというMIYAVI。

 主題歌を担当しているイマジン・ドラゴンズをはじめ、スティングやラッパーのプシャ・Tなど毎話、世界的アーティストによる書き下ろし楽曲が楽しめるのも作品の特徴の一つとなっており、MIYAVIは楽曲「Snake」を提供。主人公のひとりヴァイとジェイスの乱闘シーンで使用する曲としてリクエストされ、制作。アメリカのロック・デュオ PVRIS(パリス)とのコラボで生み出されたガールズパワーがみなぎる楽曲だ。

 作曲にあたってMIYAVIは、ヴァイの強さにひかれたといい、「ヴァイが両腕に装着するガントレットとギターのリフがリンクするようなイメージで作らさせてもらいました」と語っている。

 声優として、地下都市・ゾウンの闇市を取り仕切るリーダーの一人、フィンの英語版と日本語吹替版の両方を担当。自身とは全く異なる性格のキャラクターだと語るフィンとMIYAVIの共通点は、全身に入ったタトゥー。「地下都市で生まれて、地下都市で育って、それしか生き方を知らない男の奥にある寂しさみたいなものを感じてもらえたら」と、数多く登場する魅力的なキャラクターたち同様、フィンが持つ正義が絡み合い、新たなドラマが生み出され、スピーディーに展開が変わっていく本作の魅力を熱く語っている。

 インタビュー映像では、多種多様な国、文化を混ぜ合わせながら10年以上にわたって構築されてきた世界を有する「LoL」だからこそ実現可能なメタバースの無限の可能性と先進性にも言及。難民高等弁務官事務所の親善大使として難民問題だけでなくジェンダー・イクオリティ(性の平等)についても取り組む観点から、姉妹を主人公に据えた本作がアニメーションを通して世界中にメッセージを発信できることの意義を熱弁している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ