プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

柳楽優弥主演『二月の勝者』第6話あらすじ公開 “志望校が同じ”女子の友情の物語

20日放送『二月の勝者』に出演する柳楽優弥(C)日本テレビの画像

20日放送『二月の勝者』に出演する柳楽優弥(C)日本テレビ

 俳優の柳楽優弥が主演する日本テレビ系連続ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(毎週土曜 後10:30)第6話が20日放送される。今作は累計200万部以上の中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガが原作で、主人公の最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)による、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。今回は、Aクラスの不登校児・柴田まるみ(玉野るな)の物語が描かれる。

【場面写真】まるみ(玉野るな)の様子を心配する佐倉麻衣(井上真央)

 黒木からお願いされた紗良(住田萌乃)は、桜花ゼミナール吉祥寺校を訪れ、まるみに自分が通っている二葉女子学院の話をする。紗良の話を聞いたまるみは、自由で人と違うことを尊重してくれる校風に引かれ、二葉女子学院を目指し、これまでは行かなかった自習室に出向いたり、夏合宿への参加を決意したり勉強に力を入れ、Ω選抜テストに挑む。

 そして迎えた夏合宿。Ω選抜テストの結果が発表され、第5話で桜花トップの島津順(羽村仁成/ジャニーズJr.)と友情が生まれた上杉海斗(伊藤駿太)とまるみがΩに昇格することになった。直江樹里(野澤しおり)はAから上がってきたまるみに興味を持ち、積極的に話しかけ、合宿を通して二人の距離は少しずつ縮まっていく。

 桜花生たちが怒とうの夏合宿で勉強に励むなか、まるみはΩの授業にすっかり疲弊してしまっている様子。無理をしているまるみの様子に気付き心配する佐倉麻衣(井上真央)に対し、黒木は「私はあの二人(まるみと樹里)のかけ合わせによる大きな化学反応に期待している」という。だが合宿終了後、佐倉の元にまるみの母・柴田美佐子(月船さらら)から連絡が入る。

 まるみは家に帰って来るや否や、泣き出してしまったのだという。一方その頃、まるみは樹里に誘われて樹里の家で一緒に自習をしていた。そこでまるみは、樹里の志望校が自分と同じ二葉女子学院だということを知り、劣等感に襲われたまるみは樹里の家を飛び出して行ってしまう。まるみを追いかける樹里。二人の友情はどうなるのか。
 
 「不登校児のまるみ」と「明るく天才肌の樹里」。全くタイプの違う二人を掛け合わせた黒木の狙いとは…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ