プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『最愛』第6話 しおり(田中みな実)が梨央(吉高由里子)へ意味深発言… 視聴者混乱「誰が犯人?」「まさかのキーマン!?」

ドラマ『最愛』第6話の場面カット (C)TBSの画像

ドラマ『最愛』第6話の場面カット (C)TBS

 女優・吉高由里子が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『最愛』(毎週金曜 後10:00)の第6話が19日、放送された。

【写真50枚】津田健次郎の”怒号”も!二転三転する衝撃展開…

 本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー。事件の真相を追う捜査一課の刑事で、梨央の初恋の相手でもある宮崎大輝を松下洸平、梨央が代表取締役を務める「真田ウェルネス」の法務部に所属し、真田グループの“番犬”として真田家と会社を守る弁護士を井浦新がそれぞれ演じる。

 2006年、梨央が青春時代を過ごしていたのどかな田舎町で失踪事件が起きた。15年後、時代を牽引する実業家となった梨央の前に事件の関係者が現れたことにより、当時の記憶とともに封印したはずの事件が再び動き出す。過去の失踪事件が現在の殺人事件へとつながっていく…。その事件の真相に迫る姿を完全オリジナルで描く。

 加瀬(井浦新)は、警察に連行された優(高橋文哉)と面会し、15年前の事件だけでなく昭(酒向芳)の殺害も自らがやったことだと告げられる。さらに、公園で昭と争った時の様子がイヤホン型カメラに記録されていることを聞き出し、科捜研に依頼して動画データを解析を進める。

 一方で大輝(松下洸平)ら警察も、優の証言による裏取をもとに現場周辺で聞き込みを進め、貴重な目撃者にたどり着く。それは、優が直接の殺人に関与していない可能性を示すもので、優の容疑が晴れる結果となった。

 穏やかな日常が戻ったかと思われたのもつかの間、第6話ラストに会社の裏事情を嗅ぎ回っていたジャーナリスト・しおり(田中みな実)に過去とのつながりがあることが発覚。そして梨央の前に現れ、意味深な言葉を残した。

 二転三転する展開に視聴者からは「結局、誰が犯人?」「田中みな実がまさかのキーマン!?」「また分からなくなった!」「早く来週が来てほしい」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ